川口貴大のサウンドチェック(1)「ヤンキーホーンを演奏してみる(前編)」

川口貴大のサウンドチェック(1)「ヤンキーホーンを演奏してみる(前編)」

川口 貴大
川口 貴大 (ID293) 公認maker 2014/08/06
0

はじめまして!川口貴大です。
都内を中心に、ライブスペースとかギャラリーとかで様々なジャンルの人とライブ・パフォーマンスやったりしてます。

これまでの活動について

ソロの他に、いくつかのバンドなどのグループメンバーとしても活動しています。具体的にどのようなことをやっているかというと、ほぼ自作の音の出る道具を使って音を出したり、

https://www.youtube.com/watch?v=0X8dticzKvo

(↑改造したアナログタイマーとか扇風機のモーターなんかを空間に配置してくパフォーマンスです。ソロではこんな感じのことをよくやります。)

http://vimeo.com/55188149

(↑改造したアナログタイマーはこんなのです)

会場にある備品を積み上げたのち崩壊させるとか、

https://www.youtube.com/watch?v=lKlzdTpPgts

(↑韓国で行われたパフォーマンスアートのフェスFestival Bo:mでの様子。
僕は夏の大△というグループでの出演でした。僕は会場にあったでっかいタイヤや脚立を中心に、そこらにあるのもを積み上げたりしてました。その中で他の出演者の演奏があったりと楽しい感じでした。)

http://vimeo.com/39271164

(↑こちらは韓国のスンチョン市にあるお寺でのパフォーマンスが向こうのTVで取り上げられた様子。どうやら見ていた人たちは、なんのこっちゃわからんとかそういう感想を言っているみたい。)

会場に煙を充満させるとか、レーザー光線で模様を作るとか、

https://www.youtube.com/watch?v=aCvqYgYMxpk

(↑CDをモーターで回転させて、そこにレーザーをあてて模様作ってます。)

およそ音楽とは関係ないと思われる行為も音楽の現場で実演したりしています。
僕の演奏?には一般的な意味での音楽にはあるメロディーもリズムもほとどなく、使う道具も毎回同じとは限らないのですが、空間とか時間の状態の変化を見せることに興味があります。

なのでたまに展示をしたりCDをリリースしたりもしますが、ライブをやるのが今のところ1番しっくりきています。

新しい道具を作ってライブで実演

それはそうと、僕、2004年くらいからこんな感じでやってるので、最近使う道具がマンネリになってきてるんです…そろそろ新しい道具も取り入れたいス…。

なので!!!この連載に重い腰を上げてもらうカタチで、何か新しい道具を考えて→作って→そしてライブで実演レポートする。という連載をやってみようと思います。
ということで、ライブのオファーお待ちしてますー。

欲しいのは、ある程度大きい音が出せて構造が簡単、電源さえ確保できれば最低限動かせるようなものです。あと、ツアー等でいろんな場所で使うことも想定すると軽くて小さいことも重要です。
大きい音の出るものなんだろーと、ぼんやり思いついたのがこれです。

https://www.youtube.com/watch?v=GOtUHhcxryw

(↑このゴッドファーザーのテーマを鳴らしてるラッパ!!!)

とにかく迷惑なくらい音は大きいし、それにやろうと思えばゴッドファーザーのテーマみたくメロディーも演奏できるようなので(やらない)バッチリ?です。
とりあえずこの部品を自分のライブに取り入れてみるを目標に、次回までにこのラッパを調達しておきます。

では、また次回!

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について