Getting Started 主夫(2)「支出を管理したい」

Getting Started 主夫(2)「支出を管理したい」

hysysk
hysysk (ID253) 公認maker 2014/07/28
0

お金を大切にしたい

お金、大切ですよね。
年金問題、残業代ゼロ、増税、TPPなど、秒速で数億円稼いでいても、いつお金と感情が無になるかは分からない時代です。個人でも出来る限りの努力はしていきたいですね。

まずは記録

未だに現金などというものを使って生きている以上、何にいくら使ったかを電子的に処理するには一手間かかってしまうのですが、自分で作ればある程度愛着も湧くだろうということで、前回の天気予報( https://media.dmm-make.com/item/299/ )に加えて、使ったお金を記録する機能を追加することにしました。Maker的な興味からすると株の自動売買プログラムとか、BitCoinを採掘しまくるとかがあるのかも知れませんが、私は主夫として支出を抑える方向で堅実に頑張りたいと思います。

データベースを導入

支出データを保存する必要があるので、データベースを利用します。私は主にデザインとクライアントサイドのプログラミングをしているので、サーバーサイドやデータベースの知識はほとんどありません。せっかくなので新しそうな技術を覚えようと思い、mongoDBを使おうとしたのですが、Raspberry Piで使うには大容量SDカードが必要だったり、ビルドにつまづいたりしたので、手軽に使えそうなSQLiteにしました。

支出を加える

expensesというデータベースを作成し、支出のテーブルを作ります。使った分の金額と、メモのみを入力します。日時はプログラムから自動で書き込みます。厳密な管理というよりは、ざっくりどれくらいのお金を使っているのかなーというのが分かればいいです。

CREATE TABLE expense (ts DATETIME, amount INTEGER, note TEXT);

あとはひたすらデータを入力していくと、トップページにその月の支出の合計が表示されます。

ついでに月ごとにリスト形式で表示するページも作りました。メモをうまく使ってビジュアライズしてみたいですね。

見た目を調整

前回の天気アイコンがいまいち可愛くなかったので、別のものを使いました。微妙に対応してなくてざっくり晴れとか雨とかになってしまうのですが、あまり問題ないと思います。取得するのも3日分に減らしています。
アイコンはこちらのものを使用しました。
http://www.alessioatzeni.com/meteocons/

スマートフォンで管理

Raspberry Piのブラウザから操作しても良いのですが、スマートフォンから入力できると便利です。固定IPを割り当てて、サーバーも公開してどこからでも閲覧、入力ができると最高なのですが、セキュリティの心配など、分からないことが沢山あるため、しばらくは同一LAN内のみで運用します。

ソースコード

ソースコードはこちらに公開してあるので、もし興味があれば触ってみてください。
https://github.com/hysysk/dashboard

こんな感じで色んな機能を持ったモジュールを沢山作って、必要に応じてカスタマイズできるようなダッシュボードになればいいなーと思っています。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について