Thinking of Effects [アニメ風エフェクトを3Dで作る方法を考える]

Thinking of Effects [アニメ風エフェクトを3Dで作る方法を考える]

ogaooooo
ogaooooo (ID187) 公認maker 2014/07/29
0

[アニメ風エフェクトを3Dで作る方法を考える]

アニメはいいですよね。
みなさん今期は何みてますか?


少し前からよく実写のMVやCMで、手書きの爆発エフェクトや電気が走るようなエフェクト
等のアニメのエフェクトが使われたりしてます。


自分はこれを簡単に3Dで作れないかと考えてしまうわけです。
今回は作る方法を考え紹介します。

今回はCinema4Dをメインに作成します。

基本はスプラインに沿ってオブジェクトを動かします。
Cinema4Dでは「スイープ(NUBUS)」もしくは「スプラインラップ」を使ってスプラインに沿って
線を伸ばしたりすることが出来ます。

今回はテクスチャを使用して雷の様なアニメエフェクトを作成するので「スプラインラップ」を使用します。
これはスプラインに沿ってポリゴン(オブジェクト)を貼ることができます。
スイープは2個の部品スプラインから1個のオブジェクトを作る
のでテクスチャを使う今回には向いていません。

CINEMA 4Dトレーニングサイト

出典- http://c4d-training.jp/?cat=20

まずAiやPsでテキトウに画像の様なテクスチャを作成します。パスで書いてもいいですし、ブラシで描いても大丈夫です。
方向性がわかるように作るといいかも知れません。
png形式で書き出せば完了です。

ではCinema4Dの作業になります。

まずにテクスチャを読み込み平面に貼ります。
発光チャンネルで色を選択し、アルファチャンネルで作成した画像を読み込ませます。
画像の縦横比と平面の縦横比を合わせておくとしっかり貼ることが出来ます。

次に動かしたい軌跡をベジェ曲線で描きます。

平面に対し「スプラインラップ」を子にし
スプラインラップの項目のスプラインに描いたスプラインを選択することでスプラインにオブジェクトを添わせるとこができます。

ここからは調整が必要となるので各自自分で微調整してもらうしかありませんが、、キレイに沿わせるとこができたら、
「オフセット」「開始」「終了」のパラメータを使いオブジェクトがシュ!ビュバ!っと動くようにアニメーションさせます。
キツめのイージングがコツかもしれません。

変異デフォーマを使用することにより、不規則な動きをつけることが可能です。

スプラインのカタチを変えたり、キーフレームを変え作っていくと、
最終的にこのようになります。

3Dでつくる意味は何なのかと言われたら、カメラアングルを変えることが出来ることしないように思えますが...

今回のMakingはvimeoにもアップしていますので、見ながら一緒に作ってみてください。

https://vimeo.com/97823174

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について