3Dプリンターで架空の臓器や細胞を出力する「織田さん家の場合」

3Dプリンターで架空の臓器や細胞を出力する「織田さん家の場合」

iimio
iimio (ID255) 公認maker 2014/08/04
0

今回の記事から挑戦すること

前回の記事( https://media.dmm-make.com/item/231/ )では、この連載で何をやっていくかについて書きました。そこでいくつかあげたテーマの中のひとつ、「架空の臓器や細胞を3Dプリンターなどで作る」に今回は挑戦してみます。
老若男女問わず、誰かに架空の臓器や細部を想像して描いてもらい、その絵に描かれたものを3Dプリンターで出力してみるという試みです。

描いてもらう絵のお題はこちら。

・ヒトの体内にある、もしかしたら医学的に発見されていない臓器や細胞を描く
・ それらは何かしら機能を持っているという前提で描く

あとはとにかく自由に描いてもらいます。

まずは絵を描いてもらう

高校時代の友人である武安聡美さん(結婚して名字が織田になりましたが、ここでは昔からの呼び名の武安さんで)に今回の試みについて話をしてみたところ、興味を持ってくれたので、武安さんと彼女の旦那さん、娘さんに協力してもらうことになりました。

武安さんと織田家次女の木陽(きはる)ちゃん

悩みながらも絵を描いてくれている木陽ちゃんと長女柚月(ゆづき)ちゃん。

描いてもらった絵たち

そして何枚か描いてもらった絵が届きました。とても良い意味でこちらの想像を裏切ってくれた絵ばかりです。

その1. 姉の柚月ちゃんが描いた絵。強引に目の間に埋め込まれている感じがカッコいいです。

その2. 旦那さんが描いた絵に武安さんが着色したという絵。本当に役に立たなさそうな雰囲気が出ていて良いです。夫婦でこういう絵が描けるって素敵〜。

その3. 妹の木陽ちゃんの描いた絵。この年の女の子の絵って好きなアニメキャラが出てきちゃったりするのかなと思っていたのですが、大分さっぱりした絵が届いたので意表をつかれました。「しっこたれ流し」とか、大人になると出てこないワードですよね。

その4. 再び妹の木陽ちゃんの描いた絵。先ほどの絵もそうなのですがオブジェをひとつ描くのではなくて空間を描いているのが予想外で面白いなと。あと食べ物が体内でそのまま縮小化しているのも面白いです。

その5. 再び武安さんの描いた絵。妖怪っぽい雰囲気。ガン細胞のようなワルそうなオーラが出ています。

その6. こちらも夫婦で描いた絵。STAP細胞から着想した模様。細胞は武安さんが描いてミミズは旦那さんが追加したそうです。3Dモデルにしたら大分グロいモノができあがる予感。

その7. 恐らく旦那さんか武安さんの描いた絵。同じくSTAP細胞を皮肉った?内容。色がモノクロというのが斬新です。

その8. 旦那さんの描いた絵。やっぱりサラリーマンはラーメンが好きなのでしょうか。

その9. 武安さんが描いた絵。何気に武安さんが一番多く絵を描いてくれています。これは布で作ってクッションにしたら良さそうです。

その10. 姉の柚月ちゃんの描いた2枚目の絵です。この絵もこちらの予想外の内容で何ともかわいい寄生虫を描いてくれました。

今回のプロジェクトに一家全員が協力してくれるなんて本当に有り難い限りです。臓器とか細胞をイメージしたオブジェ的なものが絵に出てくるかなと想像していたのですが、子供たちが今回描いてくれた絵はモノだけでなくそのモノが機能している世界をまるっと描いてくれているのがとても興味深かったです。またそれに負けずと父母もかなり個性的な絵をいっぱい描いてくれて、3Dプリントで出力するとどんなモノが出来上がるのか期待が高まります。

どの絵を3Dプリンターで出力するか

この絵を元に3Dデータを作成します。データの作成は現在多摩美でプロダクトデザインを学ぶ、齊藤隼人さんにお願いすることになりました。

斎藤隼人氏。

さすがに全部の絵を3Dデータにするのは大変なので、斎藤さんと打ち合せをして、何枚かに絞ることになりました。

どの絵にするか悩む斎藤氏。

そして話し合いの末、まず最初に3Dデータを起こす絵はこの長女が描いた「太らない臓器」に決定!

斎藤さん的にはナノテクノロジーを扱った絵なのにゆるキャラのように可愛いというギャップがお気に入りのようでした。もちろん3Dデータにしやすいというのもポイントです。

3Dデータの作成

最初にざっくりとモデリングしてもらったデータがこちらです。

3D データの作成には1日以上掛かるらしく、これはこれでいい味が出ているのですが、ちょっと元の絵と印象が違うので、修正してもらいました。

そして何度か修正依頼を出して完成したデータがこちら!

ユルい! かわいい!
ちなみにこのキャラの名前は「くいしんBYO」というらしいです。By柚月ちゃん。あとこの3Dデータが元の絵と似てなくて、生みの親である柚月ちゃんが腹を抱えて笑っていたそうです。

絵の中にいる他のキャラクターもデータに起こしてもらいます。
そしてDMM3Dプリンタ出力サービスへ!

(次号に続く)

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について