「0歳カレンダー」こども.make(1)

「0歳カレンダー」こども.make(1)

佐藤ねじ
佐藤ねじ (ID991) 公認maker 2014/07/19
0

こんにちは、DMM.makeで、連載を持たせてもらうことになりました、
デザイナーの佐藤ねじと申します。面白法人カヤックに在籍しています。

私は仕事でも、個人作品でも、Webやアプリ、インスタレーションなどの作品をつくっています。
このジャンルでいえば、ライゾマさんやチームラボさん、thaさん、PARTYさんなど、格好いいものをつくる巨人がたくさんいます。

そんな方々と正攻法で勝てる気はしないので、
私は「表現の隙間の隙間」を探して、作品として提示しています。

恐竜時代の小動物のような生き方です。
これを、ブルーオーシャンならぬ「ブルーパドル(水たまり)」戦法と呼んでいます。

仕事や個人作品では、こんな感じのものを作ってきました。
・映画館でスマホ連動させた「貞子3D2」
・島耕作さんのスマホの中身を見放題にした「島耕作のスマホ」
・すごいが詰まったWebサイト「すごいWeb」
・名刺の文字にハイパーリンクをつけた「しゃべる名刺」


さて、この連載では「こども × デジタル技術」を主軸にして、作品紹介をしていきます。

私には小さい息子がいます。人間はこどもを「かわいい」と思うようにプログラムされています。
実際、こどもはコンテンツとして最強です。
その面白さを、少しだけデジタルと絡めて、作品にしています。
私の「こども作品」には、大きく2つのシリーズがあります。

1『息子シリーズ』

息子が生まれてから自分ルールとして、毎年必ず1つ、こどもと共作で何か作品をつくっています。
現在0歳と1歳と2歳のときの作品までつくりました。
これは将来的には、私が死ぬまで毎年続けようと思っています。
たぶん思春期あたりから、かなり制作が難しくなりますが、
それも乗り越えて、最期に私が癌とかで死ぬとき、
息子が涙ながらに最期の作品をつくってくれる…。
というストーリーを描いております。

最初の0歳のときは、本当に小さな作品ですが、
「0歳カレンダー」というものをつくりました。

0歳児の生活は、シンプルでそしてストイックでした。
授乳が3時間から4時間ごとにあるため、母親は夜中もまとまった睡眠がとれず、
ずーっと毎日、おっぱいをあげ続ける過酷なスケジュールになります。

この生活を「Googleカレンダー」に記入することで、実感がわくようにしました。
自分の仕事のスケジュールと並べて比べると、おっぱいタスクの多さに、驚きます。
0歳児は生きることが仕事なんですね。
http://infant.nezihiko.com/

※サイトは、2011年までカレンダーを戻さないと見れません。

2『こどもデバイス』

もう1つは、こども服で面白いウェアラブルをつくる。といった
「こども服/こども遊び」×「デバイス」を組み合わせたシリーズです。
こちらも、連載でご紹介していきます。

ーーー

という感じで、
「こども.make」では、まだやられていない「こども×デジタル」の表現を探っていきます。

kofa9u9ujrauj:ajsahighawp ijojaojgiariraoi;gaoriaiimdmaghgakpaw:jgaw
wejpaogia
gearjoaggpoawrjaajogrgvap;


↑こんな感じで、たまに息子にキーボードを奪われたりしますが、
生暖かい目で見守ってもらえればと思います。
それでは、また。
=====

違反について