222名様に無料配布!あの高級iPhoneバンパーを3Dプリント!

222名様に無料配布!あの高級iPhoneバンパーを3Dプリント!

DMM.make
DMM.make (ID217) 公認maker 2014/07/03
0

222名様に無料で配布!

SQUAIRのiPhoneケース「Curvacious Bumper」は超々ジュラルミンを素材とし、日本にある宇宙レベルの金属加工技術が惜しみなく生かされた、高精度なバンパー。

さらに最新作「DURALUMIN BUMPER QUATTRO」は、金属バンパーにも関わらず、ねじ止めナシで両サイドからパチっとはめ込むことができます。

この最新作の販売に合わせ、DAQは、株式会社ケイズデザインラボ、株式会社DMM.comと共同で、Curvacious Bumperを3Dプリント用に再現したオリジナルのiPhoneバンパーを制作。抽選で222名様にプレゼントするキャンペーンを開始しました。キャンペーン応募期間は、2014年6月25日(水)13:00~7月9日(水)23:59まで。賞品は2014年7月14日(月)から順次発送予定となっている。

以下のページより応募可能。
(応募にはDMM.makeにご登録済みのメールアドレスが必要になります)

http://222make.jp/

微細な形状も再現可能な「アクリル樹脂」で造形!

iPhoneバンパーは、「DMM.make 3Dプリント」がもつ、高性能な3Dプリンター「ProJet 3500 HD Max」で造形します。DMM.make 3Dプリント上では「アクリル樹脂」、「アクリル樹脂 高精細」としてご利用いただける素材です。かなり細かい形状まで再現することができます。

選べる素材一覧
http://make.dmm.com/material/

染色してオリジナルカラーに!

ベースの色は半透明になっており、好きな色で染色することでオリジナルのiPhoneバンパーにすることができます。染色には「樹脂用染料」が必要ですが、Amazonや楽天などでも販売されており、価格も1,000円前後のためお手軽に入手することができます。

染色方法についてはこちら:
http://222make.jp/coloring.html

https://www.youtube.com/watch?v=6_EAdAIfhpY&feature=youtu.be

染色の手順
1. バットにお湯を注ぎ、樹脂用染料を入れます。
2. 濃度を整えてから、バンパーを浸します
3. 染まり具合はこまめに確認してください
4. 染め終えたらぬるま湯に浸します
5. 中性洗剤で残った染料を落とします
6. 水分を乾かして、完成です

本キャンペーンにおけるDMM.makeとしての狙い

株式会社DAQのバンパーといえば、高度な金属加工技術による高精度で高価な商品です。
今回はアクリル系3Dプリンターでの商品化により、3Dプリントの新しい可能性を探ると同時に、株式会社DAQの将来の需要につなげる方法として3Dプリンターを活用することに挑戦させて頂きました。
また、今まで3Dプリンターの利用経験がない方でも、今回のキャンペーンで3Dプリンターで作成した商品を手にとって頂くことで、素材感や使用感などを直接確かめて頂きたいと考えています。

DMM.makeではタイアップ企画などをお待ちしております

DMM.makeでは、3Dプリンターやレーザーカッター、UVプリンターを活用したものづくりに関するタイアップ企画をお待ちしております。以下よりお問い合わせください。

提携をお考えの法人様はこちら
http://make.dmm.com/biz/

メディアお問い合わせはこちら
https://www.dmm.com/help/-/inquiry/

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について