「Synth Kitは音のレゴ」KORG坂巻のミュージック・メイカー(2)

「Synth Kitは音のレゴ」KORG坂巻のミュージック・メイカー(2)

KORG 坂巻匡彦
KORG 坂巻匡彦 (ID221) 公認maker 2014/07/23
0

楽器メーカーKORGの開発者・坂巻匡彦が
新しい概念のシンセサイザー「Synth Kit」の開発秘話・使い方をご紹介します。

シンセサイザーは難しすぎる

楽器メーカーで働く僕には悩みがありました。シンセサイザーは音づくりを面白くすればするほどパラメーターが増えて複雑になり難しくなってしまいます。逆に簡単にしようとしてシンプルにすればするほど音づくりは面白くなくなってしまいます。シンセサイザーは音を作れることが他の楽器にはない特長なのに、それをより多くの人に楽しんでもらうにはどうしたらいいんだろうと考えていました。

そのための答えの一つが「Little Bits x KORG "Synth Kit"」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=QixV_Hlh2CM

シンセサイザーを作る

Synth Kitは自分でシンセサイザーを組み立てることのできるキットです。キットは12個のモジュールからなっています。各モジュールはシンセサイザーの機能をバラバラにしたものです。それらのモジュールを組み合わせて音を作ることができます。

一番シンプルな繋ぎ方はPower→Oscillator→Speakerです。サイレンみたいな音がなります。ここにKeyboardを加えて、Power→Keyboard→Oscillator→Speakerと繋ぐとKeyboardでメロディを演奏することが出来ます。さらにここにDelayを加えるとエコー効果が加わり、さらにfilterを追加すると、もう立派なシンセサイザーです。

もっと複雑に繋げれば様々な音を作ることが出来ます。この動画を見てみてください。Synth Kitの可愛らしい見た目からは想像できないような音が鳴っています。
Reggie Watts live in concert (littleBits Synth Kit Launch)

http://www.youtube.com/watch?v=aC37NJIvR-0

Nullsleep live in concert (littleBits Synth Kit Launch)

http://www.youtube.com/watch?v=i3vx8vu9xPQ

言うなればSynth Kitは音のレゴです。レゴは建物や乗り物を作ることが出来ます。Synth Kitは様々な音を作り出すことができます。

Synth Kitの作り方

Synth KitはKORGだけの力で出来たわけではありません。ニューヨークのスタートアップlittleBitsとのコラボレーションによって生まれました。KORGは50年を超える歴史を持つ日本の楽器メーカーで300人程の従業員がいます。そしてlittleBitsは設立数年の若い会社で当時は10人程度の従業員がいました。土地も歴史も言葉も文化も規模も違う2つの会社が一緒にものづくりをするのは様々な苦労がありました。次回はlittleBitsの話と開発の裏話をお届けします。お楽しみに。

これまでの連載:KORG坂巻のミュージック・メイカー

「KORGは“楽しい楽器”を作りたい」KORG坂巻のミュージック・メイカー(1)
https://media.dmm-make.com/item/277/

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について