iOS連動LEDアクリルパネル

iOS連動LEDアクリルパネル

cresc1973
cresc1973 (ID691) 2014/08/03
0
http://youtu.be/tndDLv3Miqs

ほの暗いところで、光って綺麗なLEDアクリルパネルです。ムードのある雰囲気をお楽しみいただけます。iOSアプリと連動して好みの色に変える事が可能です。スタンドアロン版としてArduinoを用いたものも作成しました。

自宅の近くにKOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)というシェアオフィスができ、その中にKOILファクトリーというスペースが出来たました。レーザーカッターや3Dプリンタが使えるというので、以前から作ってみたかったLEDを使ったアクリルパネルを作成しました。
LEDパネルは何番煎じになるか分からないので、Arduinoでコントロールしたり、BLEを使ってiOSから操作できるようにしました。

レーザーカッターで台座とアクリルパネルを加工します。
台座はこちらのCutting Tool Boxを使用し、さらに一部加工しています。
http://www.instructables.com/id/CuttingBoxTool-How-to-make-a-box-of-various-sizes-/step6/Laser-cutting-/

電源は単4、4本またはモバイルバッテリーを使用しました。
iOS連動には写真上段の左端のkonashi(ユカイ工学)もしくは、中央のSBDBT5V(SBBLE)を使用しました。konashiの小型基板が出る前でしたので、実際はkonashi+ブレッドボードで確認して、SBBLEを組み込みました。
スタンドアロン版はArduinoを使っています。ArduinoはArduino UNO+ブレッドボードで確認したあと、AVRマイコンを外して基板に組み込んでいます。
最終的には一枚の基板でスタンドアロン、iOS連動の両方が出来るようにする予定です。

電池は台座の下に格納出来ます。
写真はArduinoを組んだところです。ディップスイッチでLEDの色を変更したり時間で変化するようにグラデーション設定に出来ます。
また、台座は爪をつけましたので、接着等は不要ですが素材がMDF合板なので木工用ボンドなどで容易に頑丈に作り込めます。後ろはディップスイッチを操作するので接着しない方がよいでしょう。

Arduinoで緑色に光らせたところです。
時間とともに色が変化するグラデーションも可能です。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について