Made only with 3D printer.

Made only with 3D printer.

1D2D3D
1D2D3D (ID1741) 2014/08/04
0

『3Dプリンターだけで作った』スタンド照明!

ラピットプロトタイピングである3Dプリンターは、造形した造形物の質感が低く、インジェクション製品と比べるとクオリティに欠ける点があります。しかし、デザインの仕方や素材の選定などを創意工夫すれば3Dプリンターだからできるインジェクション製品に負けないクオリティの弱電製品を造れると思いつき、造ってみました。

LEDスタンドの高さが約400mmもある大きさですが、外装意匠は全て3Dプリンターで造形したパーツで造られています。コードレスなので、持ち運びも簡単にでき、オフィスやリビングなど、どこでも好きな場所に持っていけます。
単4電池3本で点灯する為、充電式(エネループなど)の電池を使えば容量を気にしないで使用できます。

使用シーン

ノートパソコンや読書など気軽に使えますね。

LED点灯は金属パーツ部を触るとタッチセンサー機能で点灯し、触り続けると徐々に光が弱くなり、調光します。
光が弱い時点で、触るのを離すと弱いままの状態で光ります。
消灯させる時は、点灯タッチセンサーを触り続ければ、最大明るさから、約5秒で消灯します。

内部基板を入れ替えて流用すれば、様々な形のスタンドLEDが3Dプリンターで簡単に作成できますよ。

モダンインテリアに溶け込む、シンプルで飽きのこないオーセンティックな印象の照明です。
明るさは、最大で約3Wほど。暗闇で本を読める明るさです。

パイプ部はナイロン素材を使用しています。金属部はシルバーを使用。
樹脂素材でこの大きさのパイプ形状が造形できるのは、3Dプリンターならではですね。

http://youtu.be/wHYJp9w14Hc

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について