ポケットがなくっちゃ「胸ポケットに“高尾山メーター”をつける?」(3)

ポケットがなくっちゃ「胸ポケットに“高尾山メーター”をつける?」(3)

本連載はGEEK寄りタレントいけざわと乙女電芸部部長のやじまが、シャツの胸ポケットをハックして面白い胸ポケットを作ろうというものです。

これまでの連載:
「“胸で動物があばれる”ポケット!」ポケットがなくっちゃ(1)
https://media.dmm-make.com/item/283/

「“胸で動物があばれる”ポケット!」ポケットがなくっちゃ(2)
https://media.dmm-make.com/item/1557/

「胸ポケットに“高尾山メーター”をつける?」ポケットがなくっちゃ(1)
https://media.dmm-make.com/item/1757/

登場人物

いけざわ(22)  ややGEEK寄りタレント。電子工作はビギナー。

やじま(24) 乙女電芸部部長。はんだづけが好き。

今日はデバッグハイキング!

矢:いけちゃん、ついにこの日が来たね!

池:はい! 今日は高尾山でデバッグハイキングですね!

矢:ちゃんと動くかドキドキするね!

池:目的はデバッグだし、動かなかったら山でコーディングしちゃいましょう!!

まずはキャリブレーション

矢:まず登山の前にGPSをキャッチしないといけないね。かき氷でも食べながらキャリブレーションしよう!

池:いいですね! ちゃんと電波がくるといいなぁ(都心ではなかなかこなかった……)

矢:うーん、全然LEDが点滅しない。。やっぱモバイルバッテリーじゃダメなのかな。

繋がれながらの登山

矢:じゃあPCで確認しよう!お、すぐに来た! GPSキャッチできてるね。

池:いいですね! 標高もiPhoneと照らし合わせていい感じにとれてます。

矢:じゃあシリアル通信でそのときの標高も確認できるし、電源も必要だからちょっと大変だけどPCつなぎながら登ろっか。

池:はい! 目的はデバッグだ!

池:高尾山には途中までスイッといけるケーブルカーやリフトもありますが、下の方の精度も確かめなきゃなので歩いて登りましょう!

矢:うん。じゃあ一番ポピュラーな1号路を登っていこう!

いざ、高尾山メーターをつけて登る

池:いまPCを見るとAlt : 190 LED: 2となってるので高度が190mでLEDが2個ついてますね! ちゃんとできてる。

矢:うん、ちゃんと光ってるね! 頂上は599mだからそのときには10個着くはず。この調子で登っていこう〜。

PCに繋がれた登山は、予想以上に疲れる

矢:いけちゃん、思ったより大変だね……。せっかくブログにするからたくさん撮影しようと意気込んで来たけど、登山で精一杯だ!

池:ほんとですね。PC持っていてお互いのペース合わせなきゃだし、カメラも持ちにくい……。足より腕が疲れる登山なんて初めて。

矢:誰かに撮影をお願いすればよかった〜〜(泣)。

高尾山メーターの本領発揮

池:お、LEDがまた一個ついた!

矢:やった! ついたね。

池:やっぱり木のLEDってかわいいし、光ると嬉しいですね!

矢:うん、繋がれながら登るのは大変だけど、LEDが点くとテンションあがるし、確実に頂上に近づいてる感があるね!

池:はい! 楽しくなってきた〜

ここから頂上までの様子はぜひ動画でご覧ください! 二人の大変そうな様子が見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=A5jnxcsQqPg&list=UUBPQOdABkImLW2jsWEx0xEw

山頂での至福のひととき

矢: やっとついた〜頂上だー!!

池:頂上!! 長かったですね〜。

矢:お疲れ様! 頂上といえば……。

池&矢:ビール!!

矢:ビールおいしいいい! ほんとに長い道のりだったね。

池:はい、山頂ビールおいしすぎますね! 帰りはメーターはずしてケーブルカーで帰りましょう。

矢:賛成!!

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について