taovisor出没情報: 10/15 渋谷 JAG10月定例会 -メガネ端末による帰ってきたVR-

taovisor出没情報: 10/15 渋谷 JAG10月定例会 -メガネ端末による帰ってきたVR-

kinneko
kinneko (ID379) 2014/10/07
0

JAG10月定例会 -メガネ端末による帰ってきたVR-
https://www.android-group.jp/event/event34.html

【会場と日時】

開催日時:2014-10-15 19:00 ~ 21:00(開場:18:30)
会場:GMO Yours
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
会費:無料
募集期間:2014-09-25 10:00 ~ 2014-10-15 21:00
※期間内であっても募集定数を越えましたら受付を終了いたします。

アンドロイドの初期VRが非常にもてはやされました。しかし、その可能性が期待されながら、盛り上がりは一旦収束しました。
しかしながら、今メガネ型ウエアブルデバイスの盛り上がりと共に、再度VRに注目が集まっています。講演者の熱いドヤ顔を見てもらいたいと思っております。百聞は一見にしかずと言われるVR、体験するとなるほど感がでてきます。多くの方に体験して頂きたいと思い展示も用意しました。是非一度体験してみてください。

【イベント内容】

360度パノラマコンテンツ『Hiyoshi Jump』の作り方 : 19:00 - 19:30 (質疑応答含む)
講演:
  伊藤 周 様(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
講演内容:
昨今VRガジェット「Oculus Rift」が注目を浴びていますが、Google Cardboardやハコスコを使えばお手持ちのAndroidやiPhoneでも、VRが体験できるような時代になってきています。
実写VRスーパージャンプ体験ゲーム「Hiyoshi Jump」は、クアッドコプターとGoPro6台で撮影をして、Unity上で組み上げたコンテンツです。今回はHiyoshi
Jumpの作り方を通して、全天周パノラマコンテンツの作成手法をお話しさせていただきます。

Android内蔵ARグラスBT-200で遊ぶ : 19:30 - 20:00 (質疑応答含む)
講演:
  岩田 永司 様(BANDAI NAMCO)
講演内容:
透過型のウェアラブルディスプレイ"BT-200"を使ったゲーム制作の開発事例や知見、および展示などで得られたゲーム業界の反応をご紹介します。

リアルな3D都市モデルデータを活用したVRアプリ事例紹介 : 20:00 - 20:30 (質疑応答含む)
講演:
  講演者調整中 (株式会社ゼンリン)、佐々木様(株式会社ポケット・クエリーズ)
講演内容:
株式会社ゼンリンが保有するリアル地図データ(3D都市モデル)とOculus、LeapMotionなどのVRデバイスを組み合わせたアプリ事例を紹介。デバイス組込みについての技術情報、3D都市モデルデータ活用の今後の計画について併せてご紹介します。

3DVRゴーグルタオバイザー : 20:30 - 21:00 (質疑応答含む)
講演:
  谷口 岳 様(タオソフトウェア株式会社)
講演内容:
Google が開発者イベントで cardboard というダンボール製の 3D ビュアーを配布しました。とても面白いのですが、3D は体験してみないことに は、その面白さをわかってもらうことができません。そこで クラウドファンディングを利用して、cardboard 互換のタオバイザーを作成しました。安価な没入型VRデバイスについてお話しさせて頂きます。

ハコスコとか、GearVRとかはないのだけどね。ARも混じってるし。

てか、Androidの初期にARはもてはやされましたけど、VRはもてはやされたことはないのでした。まぁ、日本Androidの会でも、この程度の認識ということでwww

おまけに、定員書いてないし... (まだまだ余裕はありますです)

当日は、会場の一角に各社の体験コーナーを用意するそうですので、早めに受付済ませるといいかもです。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について