ケーキボードに出資すべき1つの理由

ケーキボードに出資すべき1つの理由

1.私が欲しいから

ケーキボード?

Cake Board

冒頭ですべてを語ったので本稿では、ケーキボードについて書く。
ケーキボードはレゴに組み込めるイカすデザインのブレッドボードで、ブレッドボードマニアックというブランドがKickstarterで現在出資を募っています。あと7日の本日現在であと$6,000ほど足りず、まあなんか無理なんじゃねえか感が漂っていたりしているので、なんとか力になれないかと思い筆を取った次第です。

Kickstarter?

Kickstarterというのは出資という名の蹴りをプロジェクトに喰らわせて後に引けない燃え盛る炉に突き落とし(だからKickstarterという名前なのです)炎上する様を楽しんだ上、そのプロジェクトに出資者という大義名分下から発送はまだか、アップデートの情報はないのかと日々書き込んでストレスを解消したり、いつまでも情報もなければ発送もなく出来上がるプロダクトがガッカリクオリティにダウングレードされていったりするのにヒヤヒヤするスリルや絶望を味わいつつ、なんと運が良ければ今までに無い最新の商品も手に入るという夢のようなサイトです。
そんなわけなので、50口径で至近距離から狙われてもパンパンの財布で銃弾を受け止められる読者諸兄にピッタリのおもしろサイトなのです。
ただ問題としては、目標金額に達しないと実際には出資者から資金は支払われず、お金は取られませんがプロダクトの販売はたいてい無理になります(話題作りのために大手メーカーとかがやってればその限りじゃないでしょうが)。それで、ケーキボードは$24,300の目標金額なのですが現在で$18,085、期限は残り7日で結構厳しい状況にあります。

で、俺に何に金を出せって?

ケーキボードでございますマスター。

出資と詳細な説明についてはこちらにございます。

マスターはもちろん英語をお読みになられるでしょうが、うなるほどあるお金を使うのに忙しいでしょうから、私が適当にケーキボードのいいところをまとめますと、以下の様な感じになります。

・デザインがかわいい
・レゴの凸と互換性があってはめられる
・穴が貫通してて裏に部品をつけたり、重ねて多層基板みたいにできる
・中央のラインのところまで穴があって便利

私が奈辺に魅力を感じるかというと、これを使えば見た目にいい感じの作品が作れそうだからです。というのもまずデザインが可愛いことはもちろん、レゴと互換性があるサイズになっていればレゴでちょっとした作品を作った時も両面テープで留めたりサイズが微妙に合わないというようなこともないし、裏面にマイコンだの抵抗だの隠したい部品をつけて、表面にスイッチやLEDのような見せたい部品をつければ、上から見た時に見せたいものだけが露出しているという、作品としてはなかなかに好ましい状態にすることができるはずです。

で、どれだけ出資すればいいの?

個人的には$51に出資してて、これがオススメです。
ケーキボードが4枚とそこそこついてくる上、ワイヤーストリッピングゲージという以前Kickstarterで金額を達成したブレッドボードに刺すためのワイヤーの長さや曲げを便利に作れる工具がついてきます。ちなみに私は持ってないので本当に便利なのかどうかは分からないです(評判はそこそこ良いみたいです)。

というわけで

ぜひ、ありあまる皆様の資金力をお借りしたい。
ご家族や友人にもお伝え下さい!

では最後に

http://youtu.be/nsl853S8AqY

レゴを使った楽しい動画でお別れです!

追記

ケーキボードが目標額を達成したようです。
↓参考記事からどうぞ。

違反について