Arduinoとサーボモータ2個で歩行ロボット(作品紹介)

Arduinoとサーボモータ2個で歩行ロボット(作品紹介)

タイトルの通り、Arduinoとサーボ2個だけで歩行するロボットです。
(タイヤも必要ですが、センサはオマケです)

みなさんは歩行ロボットというと二足歩行ロボットなどが頭に浮かぶと思いますが
いきなりオリジナルの二足歩行ロボットを作ろうとするとなかなか難しいものです。

手始めに少ない部品であるくものをつくってみませんか?

今回は私が作ったものをざっと紹介するだけですが、
もし反響があれば、今後作り方などを詳細に書いてみたいと思います。

(作り方もなにもシンプルな構造なので見様見真似でいけると思いますが)

動く様子

http://youtu.be/cNmJJeLai8o

使ったもの

・Arduino UNO
・Arduino UNO用シールド
・タイヤ(タミヤの工作キット)
・サーボモータ(秋月電子で購入したGWS Micro 2BBMG)
・赤外線距離センサ(SHARP製、こちらも秋月で購入)
・単四電池ボックス(直列4本)
・ネジ(M2、M3)
・私が設計した部品3点

おおざっぱな制作工程

①3DCADで設計して、必要な部品を3Dプリントする。

②3Dプリントした部品とタイヤと赤外線距離センサとサーボモータを組み合わせる。

③②と同じく3Dプリントした部品とサーボモータを組み合わせる。

④②③と同じく、3Dプリントした部品にArduinoUNOをのせて
 その後、あらかじめ作っておいたシールドと電池ボックスのせて

⑤それぞれ組み合わせた部品を合体させて完成! あとはプログラミングだけです。

おわり

ここまで見ていただきありがとうございます。

ご質問、ご感想等ありましたら、twitterにてお受けいたしますので
お気軽にお声かけください。

↓私のtwitter↓
https://twitter.com/isopro91

最後に上記に書いた構造のもので遊んでみたものを紹介して終わりとします。
数年前につくったものではありますが。

http://youtu.be/xm2tpDoRu4I?list=UUmbgjDz6TKce9dJLWpNb4cQ

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について