遊んで楽しんで学べるロボットプロトタイピングキット

遊んで楽しんで学べるロボットプロトタイピングキット

じぇーけーそふと
じぇーけーそふと (ID1705) 公認maker 2014/10/20
0

壁も走れる2輪型ロボット「うおーるぼっとBLE」は遊んで楽しんで学べるロボットプロトタイピングキットとして販売するための準備を行っています。
その概要を紹介します。

本記事で紹介しているロボットはクラウドファンディングで支援募集中です。
ご興味ある方は、一般販売前に2〜3割引の安価で手に入るので是非ご支援下さい。
【クラウドファンディングページ】
https://www.makuake.com/project/wallbotble/
【ティザーサイト】
http://wallbot.org/

販売に向けて準備の最終段階

うおーるぼっとBLEは販売に向けて最終段階に来ています。
最終的な試作基板ができあがったので、これから実装屋さんで部品のハンダ付けをしてもらいます。

手軽にプログラミングを学べる

以前にも紹介しましたがうおーるぼっとBLEはmbedオンラインコンパイラに対応しています。
クラウドサービスとして提供されている開発環境を使って、手軽にプログラミングを始められます。
うおーるぼっとBLEをUSBでパソコンに繋ぐとUSBメモリとして認識されて、そこにダウンロードしたファイルを置くだけでプログラムを書き込む事が出来ます。

mbedのクラウドサービスは、作ったプログラムやライブラリをオンライン上でシェアできる機能があります。
うおーるぼっとBLEに搭載されている機能を扱うプログラムはライブラリとして準備し、扱い方もサンププルプログラムを用意して、オープンソースとしてシェアします。
そのままオンライン上でインポートできるので、複雑な部分を考える事無くプログラミングできます。
サンプルプログラムから実際に動かしながらプログラムを理解してもらえると思います。

現在、センサーのテストプログラムもいろいろ準備しています。
床面の反射率の差が分かるセンサーが取り付けられるので、黒い線を辿るライントレーサーのプログラムを作ってみました。

https://www.youtube.com/watch?v=7_12aN_0ykI

遊んで楽しみながら作り上げて行く

テストもかねて、息子にも沢山遊んでもらっています。
そろそろ、ただ走らせるだけじゃつまらないと言い出しそうなのでセンサーを使ったゲームモードを作成中です。

そのうち自らプログラムを作ってみたいと言い出しそうです。

うおーるぼっとBLEを使った子供とのコミュニケーションもいかがでしょう。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について