MapsアプリでVR!! FakeRift/taovisorで早速試す

MapsアプリでVR!! FakeRift/taovisorで早速試す

kinneko
kinneko (ID379) 2014/12/18
0

GoogleMapsアプリのVRイースターエッグ!

Android版のGoogleMapsアプリで、ストリートビュー表示時にVRモードにできるイースターエッグが公表されたので、さっそく試してみた。

下のリンクのGIFアニメ見れば一目瞭然なんだけど、デカすぎてここには貼れなかったのが残念。

Check out a VR easter egg in Google Maps with Cardboard(Google+)
https://plus.google.com/+GoogleMaps/posts/9XPuLDTmbAf

Mapsアプリは、比較的頻繁にアップデートされているので、自動アップデートにしていない人は、まず、GooglePlayで最新版になっているかどうか確認しておきましょう。

最新版であれば、Mapsアプリを起動します。

※ iOS版では、このイースターエッグはまだないので、アップデートを待ちましょう。

おもむろに、端末を横向きにします。

あれ? Mapsアプリでストリートビューなど使ったことなかったな...

どうやって出すのだろう?

見たい地点をぐっと長押しすると、ピンマークが立って「指定した地点」という画面に変わります。

指定した地点の部分を上にスワイプすると、その地点の詳細情報が出てきます。

ありました。

「ストリートビュー」と表示されているので、これをタップします。

PC版で見慣れた画面が出てきました。

画面をタップすると、右下に丸いアイコンが出てきます。

これを一回タップすると、端末の地磁気センサの値と連動して、見ている方向を自動で表示するようになるそうです。(使ったことなかったけどな)

そして、このアイコンを二回続けてタップすると...

VRモードになりました!

さっそく、タオバイザーやFakeRiftに取り付けてみます。

いやぁ、確かに見えますね。

視差は特に設定されていないようなので、左右とも同じ画像です。

動かないと立体感はありませんね。

GoogleのCardboardアプリにも、ストリートビューはありますが、あちらはフランスの市街地を一定スピードでぐるぐる走るデモでした。

こちらは、動きはないですが、知っている場所、見たい場所を見ることができますね。

地磁気センサとの連動モードは、右下のアイコンを一回タップすることで切り替わります。

VRモードを抜けて、もとのストリートビューに戻るには、右下のアイコンを二回タップします。

GoogleはVRに本気?

先日の、GooglePlay内でのCardboard専用コーナー開設や、Cardboard SDKのアップデート、このMapsへのイースターエッグ搭載を見ていると、GoogleがVRに本気を出し始めているような気もします。

facebook/Oculus対抗ということで、本格的に取り組んでいるのかもしれません。

ADKのような黒歴史にならないといいですね!

タオバイザーの二回目のクラウドファンディングやってます!

Cardboard互換で、Google謹製の持っている色々な課題をクリアした「タオバイザー」が、二回目のクラウドファンディング中です。

VRで遊んでみたい方は、是非出資してくださいね!

タオバイザー:Google cardboard互換3Dゴーグル、おかわり!!
https://motion-gallery.net/projects/taovisor2

タオバイザー:第二回のクラウドファンディングを開始しました!
https://media.dmm-make.com/item/2879/

違反について