【case:01】店舗まるごと.make レーザーカッターでステンシル

【case:01】店舗まるごと.make レーザーカッターでステンシル

tamasyu
tamasyu (ID687) 2015/04/14
0

最初に行ったのは、店舗のメインサインとして自動ドアへの装飾です。

自動ドアはガラスなので
そこにサインをいれる方法をいくつか考えました
カッティングマットでロゴを入れるや、出力したポスターを貼る等考えましたが
あえて、ちょっと手作り感を出すイメージでステンシル+スプレーで入れることにしました。

ステンシルの作成をAKIBAに大判プリンターがあるので、それで出力したものを手で切ろうか等とアナログなことを考えていたのですが、手元が不器用な私にはなかなかハードルが高い!

ここはデジタルの力を借りたいところ ということで
ちょうどうちに余っていたMDFの板を使ってレーザーカッターで抜いてみました。

サイズが大きいので、文字部分とイラスを分けます。
パーツが離れないように、ランナーをつけながらデータを作成して実際にカット。
おおよそ15〜20分くらいで仕上がり。

これだけでもなかなかいい感じ。

実践、店舗ガラスへ スプレーだ!

できたステンシルをもって店へ

まずは自動ドアに元から貼られていたシールをはぎ取りから始めます。(えっ?)
残ったノリをとる作業がすごく大変でした、基本こういう作業になれてないのですごく疲れます…。
手伝いにきてくれた友人と汗だくになりながらの大仕事でした。

ガラスがきれいになったら、スプレーボンドでステンシルを貼付け、しっかり固定して周りをマスキングテープと新聞で覆います。
今回のカラーは、白ラッカーで高耐久のものを選びました。

時間をおいて2度スプレーしたらマスキングをはがしてできあがり

なかなかのいい出来に満足デス

実際スプレー作業は店舗オープン前です、やっぱりシンナーとか使うので、まわりの飲食店に気を使いながら行いました。

デジタルで出したきれいなラインをカラースプレーでちょっとニュアンスをつけながら出していく感じはなかなか良いです、今回はMDFをつかったのですが他の素材でもあそべそうですね。
加工したものをそのまま使うのではなく、こういう感じに加工の元として扱うのもものヅクリの一つですね。

【使用した機材】
レーザーカッター:2800円(30分)
【使用した素材】
ラッカースプレー:1,064円
MDF:0円
※レーザーはちょっと高い気もしましたが、操作を覚えるトレーニングをうけてライセンスをとると800/30分円になります(30分以降は追加30分毎に300円)
要予約です

オープン直後に食べたのは「ローストポーク」
これでもか!な副菜にうもれた厚い肉、でもやわらかくてじゅーしー
そんなちょっと本気の洋食でした

これは勝てる!


ひげのコックさん
東京都 千代田区岩本町2-8-10
ヒゲのコックがやってます ちょっと本気の洋食です
https://www.facebook.com/higecook

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について