【case:02】店舗まるごと.make CNCで看板

【case:02】店舗まるごと.make CNCで看板

tamasyu
tamasyu (ID687) 2015/04/21
0

次に着手したのはお店の顔、看板です

コスト削減のため旧店舗の看板枠を利用することに
お店は地下で入り口が2ヶ所あり、かつ両面の看板なので計4面を作成します。

どうやる?

まずは現地へいって、今の看板がどう設置されているか厚み入れ方等を調査

問題は大きさでした、元看板のサイズは391×790
そのままではレーザーカッターに入らないサイズ

最初の構想はシルクスクリーン印刷をいくつかパートにわけてやることを検討していましたがAKIBAのスタッフに相談したみたところ、テックスタッフという技術系スタッフから提案で、ちょうどこのときAKIBAにやってくる3軸CNCというマシンのワークサイズが同じくらいだということで、それで削ってみてはどうか?という話になりました、動作検証もかねるということです。

看板を削る?
いまいちピンとこなかった私に細かく説明してくれたのですが、なんだかよくわからないままその方向でいくことにしました。

CNCって何?それでどうやるの?

どうやらCNCというのは、素材をドリル等をつかって削っていく機械で、3Dプリンターのように3Dデータを作成して、それにそって自動で動くすげー機械なんだそうです。
実際には3Dデータだけではなく、そのあとの行程や専用のソフト等いろいろあるのですが、そこは検証を兼ねるということで、御任せでやってもらいました、素人がすぐ触れる機械ではなさそうです。

元のデータはイラストレータの2Dデータなので、それを押し出して平べったい板の3Dデータとして作成し、加工。

ただ、削るだけでは完成しません、今回の計画は…

まずは黒の部分を1mmの深さで削って、そこに色をいれることでラインを表現し、顔をはじめとする黄色い部分はそこだけもう1mm深く削って、2mm厚の別パーツで抜いたものをはめ込む!

もう看板とかいうレベルを超えてるような気もしたのですが…

塗 装

今回の塗装は市販のラッカーをつかって(野外で使うので高耐久のもの、amazon等でもかえます)はみ出たところを拭きとるという計画

はみ出た分はシンナーを使って拭き取るので、あらくマスキングをしてから作業するのですが

このマスキングがけっこう大変、わりとシンプルな構成のロゴですがイラストなので当然あちこちに曲線やめんどくさい角が…

やっとの思いでマスキングした後はラッカーで黒吹き付けします、アバウトにみえてなんだか繊細、いろんな作業に奥がありますねー

顔等のパーツは切り抜くのだけだなので、レーザーカッターの方がやりやすいかとおもったのですが、ピッタリ合わさる精度を出そうとおもったら、CNCでやった方が良いということでこちらも加工。

パーツも黄色のラッカーで塗装して乾ききったら 組み会わせて出来上がり!

削るという言葉イメージではない表面の仕上がり、つるつるです。
1枚に約4時間もかかる作業、それでも平面は比較的簡単なようです、これがCNCというものなんか!を実感した瞬間です。
本来は商品の手前の外装等を削りだすものなので、そのクオリティはすばらしいです、ちょっと立体のステキな看板が出来上がりました。

スタッフさん職人の魂漏れでてますよ…

いざ設置

出来た看板をさっそく設置、当然ですがもともとあった看板枠にもピッタリ、シンプルでいて遠くからみてもわかりすい看板の出来上がりです。

オープンよりすこし遅くなってしまってごめんなさいシェフ

でもこれはなかなかいいものができたゾ

皆さん近くへお越しの際はこの看板を目印にお越し下さい、そしてよかったらちょっと近づいて見てみてください、ちょっとの凹凸がなんともいい雰囲気なのです

実際看板を作成するにはちょっと手間をかけすぎた感はあるのですが、機材の良い体験になったのと、こういう方法もあるのだなぁといろいろ勉強になりました。
デザインして、それをリアルの世界に出すという作業ってやっぱり楽しいです。

【使用した機材】
3軸CNC(大型):36,600円(16時間)
塗装ブース:2,000円(1時間利用)
【使用した素材】
素材アクリル板:20,000円(4枚)
ラッカースプレー ツヤ消し黒:489円
ラッカースプレー 黄色:785円

多少高い気もしますが、看板屋さんにたのむよりはぜんぜん安いですし、なによりこのクオリティです。今回は検証もかねてスタッフの方々がお手伝いしてもらえたのでできたけど、自分でやるのはちょっと敷居が高そう、もしやりたい人がいたら、何か方法がないかスタッフに相談してみるのがよさそうですね。

設置後、手伝ってくれたみんなとご飯いただきました
今日食べたのはカレー
スープカップにはいった小洒落たカレーもなかなかちょっと本気でした。

ひげのコックさん
東京都 千代田区岩本町2-8-10
ヒゲのコックがやってます ちょっと本気の洋食です
https://www.facebook.com/higecook

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について