NXP LPC1114FN28専用ISPアダプタ

NXP LPC1114FN28専用ISPアダプタ

wata_ge
wata_ge (ID3273) 2015/04/29
0

テックスタッフ wata_geです。
DMM.make AKIBA Studioでは環境試験機、測定器、PCB関係の機器が主担当です。
平日の日中帯に出勤しています。

IchigoJamのファームウェアをアップデートしたい!

NXP LPC1114FN28を使用した こどもパソコン IchigoJam のIchigoJam のファームウェアをアップデートを行うために作成しました。

・材料
FDTI互換のUSB-シリアル変換アダプタ
(スイッチサイエンス FTDI USBシリアル変換アダプター(5V/3.3V切り替え機能付き))
ユニバーサル基板の切れ端
タクトスイッチ 2個
ピンヘッダオス 適量

実装例

基板の切れ端を使ってコンパクトに実装しました。

回路図

回路図

IchigoJamまたはブレッドボードに刺したLPC1114FN28の15~28ピンに接続し使用します。

使い方① FlashMagic初期設定

NXP LPC1114FN28への書き込みには FlashMagic を使用します。

FlashMagic初期設定

FlashMagic起動後に
Select:LPC1114/102
COM Port:OS上でUSBシリアル変換に設定されたポート
Interface:None(ISP)を選択します。

使い方③ LPC1114FN28の準備

ISPボタン RESETボタン

LPC1114FN28のFlashをFlashMagicで操作するためにはISPモードにする必要があります。
ISPモードにするためにはRESETボタンとISPボタンを押しながらRESETボタン離します。

使い方③ FlashのErase

Flashに書き込む前にFlashをEraseします。

FlashのErase①

ツールバーから「ISP」→「Erase Flash ...」を選択

FlashのErase②

「Erase all Flash + Code Rd Prot」にチェックを入れ「Erase」ボタンを押します。

使い方④ Flashの書き込み

Flash 書き込み

「Browse...」ボタンを押しhexファイルを選択
「Start」ボタンを押してFlashを書き込みます。

Flash完了画面

左下に「Finished」の表示がでれば書き込み完了です!

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について