自己紹介とライトスタンドロックについて

自己紹介とライトスタンドロックについて

Cream_mech. 0

自己紹介

 こんにちは。テックスタッフのF田です。
 現在機械工学科の4年生で、大学在学中にサークルとしてNHKロボコンやF3RC, かわさきロボット大会等に参加しました。機械構造物の最適化設計・設計工学、宇宙構造物工学についての研究室に所属しており、電気自動車関連の研究を行っています。
 studioでは旋盤・フライス盤等の工作機械を主に使用します。まだまだ他のテックスタッフや利用者様に比べて知識の及ばないところがありますが、楽しみながら学んでいけたらなと思います。

ライトスタンドロックとは

 昨年の12月からテックスタッフ何人かで制作中の「ライトスタンドロック」というものが有ります。おもちゃのフラワーロックのパロディで、音楽に合わせて踊ることは出来ませんが音に反応してライトスタンドが動くというお遊び的な装置です。マイク(センサー)によって音を検知しArduinoで処理され(制御)サーボモーター(アクチュエータ)が動くという仕組みです。
 ただし制作においての課題は多く、モーターのトルク不足とマイクの信号処理、ライト部分の未完成が挙げられます。5月現在、テックスタッフの多忙により制作が一時ストップし未完成となっております。

回路系の部分はエレキ系のテックスタッフ(特にS木さん)、箱はT岡さん、そしてヘッド部分はY口さんが造られました。

最適化設計

モーション解析結果gif

 私はライトスタンドロックにおいて設計を担当しました。SolidWorksで設計し動きを確認できます。その際にモーター部分のトルクを解析することができ、なるべく小さな値で大きく動くように設計しました。この場合、7[Nmm]の最大トルクがモーターに加わることが分かります。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について