UinProductsのロゴができました!

UinProductsのロゴができました!

UinProducts 0

こんにちは、limeを開発中のUinProductsです。
今回はデザイナーを新メンバーとして迎え完成した
UinProductsのロゴについてお話したいと思います。

UinProductsのロゴを作る

『UinProducts』のUinには「誘引」、注意・興味を誘って引きつけるという意味があり、自分たちが起源となり周りを惹き付ける、巻き込むプロダクトを作るという意思が込められています。

ここでいう「誘引」は、イメージとしてコアンダ効果(噴流が誘引作用により周りの流体を引き込む効果)が挙げられ、今回ロゴを制作するにあたってはこのコアンダ効果の現象を参考にしました。

それを土台として、更にUという文字が初期メンバー全員の名前に共通して入っており自身とかけているところから、Uを中心に沿って流れが変わる、Uに前述したコアンダ効果をかける、というイメージへ至りました。

そこから、枯山水にて石の周りに波紋が描かれている様子を参考に、Uの周囲に波紋を広げ流れに影響を与えている様子を表現したり、Uを少しずつずらして並べる事によって出来る流れが枠を破っていく様子を書き出しましたが、そのロゴをみても違和感が拭えなかったため、一度『UinProducts』の名称に立ち戻りました。

Uinの意味については色々考索しましたが、Productの意味を浅く捉えていた事に気がつき、自分なりにProductのイメージ、意味合い等を書き出しました。その中で特に、「曲線美」「独特な色」「シンプルさ」「無機質」、この四点が一般的に、また自分がProductに対して持っている印象であることが分かりました。

最終的に、Uという文字の曲線に沿って流れが変化する様子を、単純な要素のみを用いて表現する事でシンプルに、かつ分かりやすくしました。

Uの赤色は、従来の流れをより良い、革新的なへとの意味を込めており、Productらしい落ち着いた、少しくすんだ赤を設定しました。

ロゴをどうする?

現在開発中のプロダクトlimeのプロモーションや販売する際の化粧箱への印刷など、
必要になる場面がたくさんあります。
なにより、チームロゴがあることで開発にもより熱が入るような気がします(笑)

DMM.make AKIBAの設備であるUVプリンターを使えば試作品へのロゴ印刷だけでなく、
名刺ケースやディスプレイ用のスタンドなど、様々なものに印刷することができるので今から楽しみです。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について