赤外線リモコンで火炎放射器付き人型ロボットの遠隔操作 【Arduino + IR SERVO SHIELD】

赤外線リモコンで火炎放射器付き人型ロボットの遠隔操作 【Arduino + IR SERVO SHIELD】

使用するもの

・Arduino Uno
IR SERVO SHIELD(赤外線リモコン付き)
・サーボモータ(12個)
・コッククロフトウォルトン回路
・カセットガス(2本)
・単3電池(6本)

IR SERVO SHIELD

図のようにサーボモータを接続しました。

火炎放射の発火装置として使用しているコッククロフトウォルトン回路の起動はサーボモーターによって行うことでロボットの動作と一連の流れでスムーズに行うことができます。

サーボモータを12個使用していますが単3電池6本で問題なく動作しています。

赤外線リモコン

図のような形で動作するようArduino Unoにプログラムを書き込んでいきます。

A,B,Cのキーにはガスを制御しているサーボモータとコッククロフトウォルトン回路の起動用のサーボモータの動作を割り当てます。

人型ロボットではありますが二足歩行の機能を備えていないので今回方向指示キーには火炎放射する方向を割り当てます。

サンプルプログラム

IR SERVO SHIELD付属のサンプルプログラムを参考に自分のロボットのプログラムを制作しました。

動作確認

https://www.youtube.com/watch?v=xnahU2J4evo

あとがき

今回Arduino UnoとIR SERVO SHIELDを使用して火炎放射器付きの人型ロボットの遠隔操作を行いました。
詳細など後日更新予定なのでぜひ宜しくお願いします。

また今回制作したTONY ROBOTはArduino公式ホームページ内でも紹介いただいてます。
http://www.arduino.org/blog/1-the-new-blog/arduino-uno-ir-servo-shield-tony-robot

TONY ROBOT STUDIOS
http://www.tonyrobot.jp

IR SERVO SHIELDはAmazon.jpから購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B016YEG6ZS

違反について