海外から参加!早速DMM.makeのトレーニングを受けてみた

海外から参加!早速DMM.makeのトレーニングを受けてみた

sanchir
sanchir (ID4103) 2016/06/15
0

シンガポールからDMM.makeの噂を知り、夏休みを使って利用することにしました!
利用するからには、いろいろな機械を使ってみたい!!ということで、早速各種機械のトレーニングを予約。今回トレーニングを受けたのはテーブルソー、ハンドソー、グラインダー、サンドブラスト、レーザーカッター、UVプリンターです。

最初のトレーニング内容はテーブルソー、ハンドソー、グラインダー、サンドブラストの工作機械4種を1時間半。
一番初めにテーブルソーを使いました。

テーブルソーは名前通り、テーブルの中央に回転式のノコギリがあり、電源を入れると刃が書いてして、テーブルをスライドさせながら切りたい部材を切る機械です。使える部材は木材や樹脂!金属は禁止です。20分ほどでトレーニング終了!アクリル板と木板を切りました!

次に使ったのがハンドソー!

テーブルソーと同じく部材をカットする機械。ハンドソーは薄い金属ならテーブルソーと違い、カットしても良いそうです!
テーブルソーよりはシンプルで、部材は両手で持ってスライドさせながら切っていく感じでした。今回は木材を切り、トレーニング終了。所要時間は15分ほど!

次の機会はグラインダー!

始める前からテックスタッフさんが。。。「この機械怖いんですよ」と。。。
グラインダーは両端にある大きな円形の砥石が回り、金属などの部材を研削や研磨する機械。とにかく重い石が回っているため重量感があり、巻き込まれたらとても危ないです!
ここにはもう一つ小さいのがあり、そっちで事足りるとか。。
今回のトレーニングでは、アルミ板の角を丸く削りました!グラインダーは一度動いたら、電源を消しても、慣性でしばらく動き続けるので、安全のため完全に止まるまでは側で待機。作業時間自体は短かったが所要時間20分ほどでした。

工作機械4種トレーニングの最後の機械はサンドブラスト!

テーブルソー、ハンドソー、グラインダーなどは似た機械を学校の技術の時間に使ったことがあったんですが、サンドブラストは初めて!この機械は金属板や樹脂板に研磨剤を吹き付けて表面を粗くする機械。粗くしたくない場所にテープを貼ることで、文字や模様も書けるみたい!

見本にはDMM.make AKIBAのロゴが!
自分もちょっと遊ぼうと思い、自分の名前の文字Sを適当に作ってやってみました。
アクリル板にテープでSを書き準備完了!アクリル板に研磨剤吹き付けた完成品がこちら!

実に適当なSですね!でも、これを使えばいろいろ面白いことができそうです!
ハンドブラストトレーニングはだいたい20分ほど。

以上で最初のトレーニング終了!30分の休憩を挟んでレーザーカッターのトレーニングへ〜

レーザーカッターではアクリルやABS、木材、革などほぼどんな素材でも加工可能!
カット以外にも彫刻などもでき、今回はアクリル板と木材にDMM.make AKIBAのロゴを作ってみました。
送るデータはAdobe Illustratorで作り、色分けでカットや彫刻を区別しました。

作っている動画はこちら!

https://www.youtube.com/watch?v=hW-zbloQDNg
https://www.youtube.com/watch?v=ThAyOQ4_qiM

レーザーカッタートレーニングはAdobe Illustratorでの設定や機械側での設定などで所要時間1時間ほど!夢が広がる機械でした!なんでも作れそうです〜

本日最後のトレーニングはUVプリンター
UV硬化インクを使用したプリンターで、印刷しながらUVを照射することによってインクを素材に定着させ機械です。素材はほぼなんでもよくて、樹脂や木材、金属などにプリントすることができます。

今回もDMM.make AKIBAのロゴを作ってみました!

https://www.youtube.com/watch?v=aQAvaKX67W8
https://www.youtube.com/watch?v=ZrhMTbxZpeQ

最初に白以外の色をつけ、次に白をつけました。最後にグロスで模様もつけることができます。DMM.make AKIBAの会員カードは全てこのプリンターでできているとか。。

完成品がこちら!

UVプリンタートレーニング所要時間は1時間ほど!

以上で今日のトレーニング全部終了!
DMM.make AKIBAはいろいろな機材が揃っているので、気になる方は是非来てください!

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について