テクスチャー付きの3Dデータを開く方法

テクスチャー付きの3Dデータを開く方法

chiba
chiba (ID3521) 2017/02/02
0

今回はWindows PCでテクスチャー付きの3Dモデルを開く方法の紹介です。
最近では3Dスキャナも気軽に使えるようになってきて、5万円程度で購入できる3Dスキャナー(※)でもテクスチャー付きの3Dモデルを作成できたりします。

ただ、スキャンしてみたけど、、、スキャンデータ貰ったけど、、、
どうしたら良いのか困ってしまう事が多いです。
今回はフリーソフトを使って3Dモデルを開いて確認する方法を解説します。

(※)3Dスキャナーに関する記事はものづくりログにいろいろあるので、他の記事もぜひ。

とりあえず、私のおすすめ記事を3つほど紹介しておきます。


どうぐばこ#1「3Dスキャナー編」
【3Dスキャナー Sense】使用体験レポート! - スキャン篇
リリースされたSense2を試してみるぴよ(3Dスキャナ)

今回紹介するのはこちら『Open 3D Model Viewer』
気軽に使えるフリーソフトながら、40以上のファイル形式対応とテクスチャー付きのデータも確認できる高機能さを兼ね備えています。

まずはダウンロード

こちらのページの緑のDownloadボタンをクリックするとインストーラーのダウンロードが始まります。

インストール

ダウンロードしたファイルを開きます。
(警告メッセージが表示される場合がありますが、そのまま「はい」を押して進んで下さい。)

立ち上げるとランタイムのインストールを求めるウィンドウ(写真参照)が出てくる場合があります。
Installをクリックして次に進んで下さい。
(ウィンドウが出てこない方はそのまま次に進んでください。)

ランタイムのインストールが完了すると
続けて、ソフトのインストールウィザードが立ち上がります。

『Next >』をクリックします。

『I accept the terms in the license agreement』にチェックを入れて

『Next >』をクリックします。

インストール先の変更が出来ます。基本的にはそのままで大丈夫です。

『Next >』をクリックします。

設定の最終確認画面です。問題が無ければ

『Install』をクリックします。

スペックにも依りますがインストールは数分で終わります。

完了です。

『Finish』をクリックすると、インストーラーが終了し、ソフトが立ち上がります。

ソフト起動画面

この画面が表示されれば無事、インストール完了です。

Tips of the Dayという使い方のガイドみたいなものが表示されますが
OKを押して閉じて大丈夫です。

画面の左側の『Drag フィレへれ』と書かれたエリアに読み込みたいファイルをドラック&ドロップでデータを持ってくると、ファイルを開くことができます。




次回、基本操作やおすすめ設定を紹介します。

違反について