世界のIoTスタートアップがAKIBAに集結『DMM.make AKIBA Demo Day』レポート#1 – 出展全企業紹介編 –

世界のIoTスタートアップがAKIBAに集結『DMM.make AKIBA Demo Day』レポート#1 – 出展全企業紹介編 –

DMM.make AKIBA
DMM.make AKIBA (ID4043) 公認maker 2017/02/27
0

『DMM.make AKIBA Demoday』
2017年1月17日、ハードウェア・スタートアップを志す全ての方々の拠点となるモノづくり施設「DMM.make AKIBA」にて、国内外のIoTスタートアップの展示会『DMM.make AKIBA Demo Day』が開催されました。
[詳細]https://akiba.dmm-make.com/form/demoday2017/ja

◼国内外からIoTスタートアップが集結

「DMM.make AKIBA Demoday」では、国内外から出展した27社のIoTスタートアップが展示やピッチを通じて自社プロダクトについての情報発信を行いました。イノベーティブな技術やサービスはもちろん、それらを生み出すIoTスタートアップに触れる絶好の機会となり、盛況のうちに幕を閉じました。
(出展企業:国内10社 / アメリカ2社 / 中国3社 / 台湾1社 / 韓国3社 / 香港6社 / シンガポール1社 / イタリア1社)

◼ピッチ登壇およびデモンストレーション展示企業紹介

●Monaco EVO S
速度情報などが表示され、ドライブレコーダーにもなるスマートヘルメット。携帯と連動可能でボイスコマンドで携帯の操作が可能。ノイズキャンセリング機能もあり通話が楽。また、本体はカーボン製で総重量が1.5kgと軽い。
・JARVISH(台湾)http://www.jarvish.com/

●360IMG 360° AR Photography System
5分で完成する360°ARのイメージ作成サービス。ターンテーブルに被写体を乗せ、専用アプリでターンテーブルを操作し撮影した360度分の写真を専用ソフトで統合し1枚の写真にする。撮影した写真はクラウドサービスなどでシェア可能。
・Eastern Color International Ltd.(香港)http://www.360img.net/

●MicroBot Push and Prota
押しボタンをweb経由で押せるスマートデバイス。自社開発したスマートハブOS「Prota」と、電源ボタンを押してくれる超小型指ロボット「MicroBot Push」を開発。「Prota」はIFTTTやAmazon Alexaと連動するOS。ハードウェアの「MicroBot Push」は簡単に取り付けることができ、"押したい電源ボタンを押す"行為をスマホ/タブレット/PC経由でワイヤレスに操作できる。
・Naran(韓国)https://prota.info

●Embrace – E4 Wristband
アプリと連動して心拍や身体の動きをモニタリングし、てんかん患者を救う生活管理ウォッチ。発作などが起こった時には自動的に関係者に通知が行くシステムを構築している。
・Empatica Inc(イタリア)http://www.empatica.com

●Vufine+
メガネに装着するウエアラブルディスプレイ。スマホ、タブレット、ラップトップ、ドローンなど、いろんなデバイスとシンクロ可能。
・Vufine Inc.(アメリカ)http://www.vufine.com

●Bluuprint Electronic Hardware Printer
プリント基板を製造できる小型の電子装置プリンター。レジスト、キャパシタ、P/N型トランジスタ、ペロブスカイト型太陽電池、OLED/OLEC、メモリスタ、UV検出器や温度センサ等、多種多様な印刷を施せる。印刷最大精度は20ミクロン、印刷範囲は200x300mm。プリントヘッドの自動交換・自動調整・エラー検知システムを内蔵。直感的かつ簡単に操作できるソフトウェアを搭載し、手頃な価格で生産効率の高い装置印刷が可能となる。
・Shanghai Mi Fang Electronic Technology Co., Ltd.(中国)http://www.bluuprint.com

●ADAWARP
写真を整理し見返す時の様々な問題に対し、最適なアプリとインターフェースで記憶を遡れるソリューションを提供する。具体的には、写真の整頓・レーティング・タイムウォール生成をアプリで解決し、長い記憶の"タイムトラベル"を、小さい画面のスマホではなく、VRという最適なインターフェースで体験できるサービスを実現する。
・ADAWARP Inc.(日本)http://adawarp.com/

●Trabble
旅行者の嗜好に基づき、リアルタイムチャットで旅行者に適切なサービスを提供するホテル業界向けのコンシェルジュサービス。現在シンガポールと日本のみでのアプリサービスを展開しており、基本的に英語での案内だがローカライズを検討中。
・Trippening Pte Ltd(シンガポール)http://trabble.co/


●Halē Orb
遠隔の家族のコミュニケーションをサポートする写真ストレージで、次世代の家族間コミュニケーションをつくる統合コンシューマー向けプロダクト。Facebook、Dropboxなどでアップロードした写真を1つの場所でシェアできる。デバイスをテレビとリンクさせることによりスマホなどの小さなスクリーンで写真を探す煩わしさが解消される。操作も簡単で振る、回す、押すのみで写真をシェアしたメンバーと共有できる。
・DouZen, inc.(アメリカ)http://www.haleorb.com

●MewMe
VRで不動産物件の中を歩き回れるサービスで、家探しに革命を起こすプラットフォーム。アプリを通じて観たい物件をクリックするだけで、自宅にいながら4Kの解像度で物件を隅々まで観ることが出来るサービス。
・PowerMew Technology Limited(香港)http://www.mewme.com

●Pyrenee Drive
人生で遭遇する様々なキケンから人を守る製品”をつくるpyreneeによる最初のプロダクト、「Pyrenee Drive」は交通事故の原因の80%を占める運転者の不注意を防ぐデバイス。マイカーに簡単に取り付け可能で、車・人など対象物との距離を表示色や警告音で知らせる。また、購入後もデバイスの蓄積データから対物距離の検出精度をアップデートしていくサービス。2017年発売予定。
・Pyrenee Inc.(日本)http://www.pyrenee.net

●Aerial 3D360
空撮で3Dスキャンを可能にするドローン技術。FPVカメラをドローンに取り付けるだけで、空中3Dスキャナーに早変わりさせる。FPVカメラで撮影した写真をアプリに組み込み、Aerial3D360のサイトにサインインして3Dデータをお手軽に作成できる。
・Solomon Mobile Technology Ltd.(香港)https://aerial3d360.com

●Dot watch
視覚障害者向けの点字式スマートウォッチ。点字にてメッセージや方向などを教えてくれる。FacebookなどのSNS、ニュース、天気、画像を点字表示し、アラーム機能もついている。
・Dot incorporation(韓国)http://www.dotincorp.com

●Secual
簡単に任意の場所(窓、ドアなど)に設置できるスマートセキュリティーセンサー。センサーが異常を感知(振動など)すると信号を無線LANを通じてスマートデバイスにインストールしたアプリに通知される。本人のみならず、登録した関係者にも通知が行くお手軽セキュリティーデバイス。
・Secual, Inc.(日本)http://secual-inc.com

●Surfwheel electric skateboard
体重移動で操作可能な新感覚電気スケートボード。ボードの中心に極太のタイヤのみを設置した一輪型。バッテリーは1回のチャージで12マイル(約20キロ)移動可能。
・Koofy Development Limited(香港)http://www.surf-wheel.com

●GO! CATCHER!!!
香港で企画開発された、アプリに連動してタブレットに反応するペーパーモデルとタブレットを用いたゴキブリキャッチゲーム。2017年春リリース予定。日本市場の開拓も目指している。
・Animae Technologies Limited(香港)http://animaetech.com/

●LiveTrac/LifeTrac
身体機能の改善保全を目的とした高速高精度動作解析ソリューション、スマート看視ソリューション。複数の加速度センサを使って身体の動きをトラッキングするデバイス。スポーツや医療現場での利用を想定している。
・primesap inc.(日本)http://www.primesap.com

●ZaaZ VR/VAQSO VR
VRコンテンツ連動で複数の匂いを出すことができる、ヘッドマウントディスプレイ取り付け型の匂い発生デバイス。ゲームなどのコンテンツへの活用を想定している。
・ZaaZ Inc.(日本)http://zaaz.jp/vr/ZaaZ%20VR_subscribe.pdf

●INSPIRE
スマートセキュリティーセンサー。窓やドアなど任意の場所に設置し、何らかの異常があった場合Wi-Fiを介してお手持ちのスマートフォンにに通知が行く。アプリもアンドロイド用、アップル用2種類があり、どこに何を設置したか図でわかりやすく把握できる。ペットの管理デバイスとしても活用でき、食事をするお皿に設置するだけでペットがいつ何を食べたりしたのかがわかる。用途に合わせて様々なセンサーを紹介している。
・Very Lucky Japan KK Limited(日本)http://info.inspirejp.com/#/smartlife/SL1

●Langzou VR Classroom/Volumetric Video Technology
ホロレンズを活用したAR系システムによるVR仮想教室/容積測定ビデオ技術。コンサート会場、サッカーフィールド、教室などにカメラを複数台配置してアプリと連動させることにより、その場所から離れていても本人目線でより明確に臨場感を体感できる技術。
・Langzou Technologies(中国)http://www.langzou.xyz

●ThisVR
ジャスチャー認識AR。人間とコンピュータとのインタラクションの問題を解決することを目的としており、手や指のジェスチャーだけでゲーム等の操作を可能にする技術。
・Greatfish (Beijing) Technology Co., Ltd(中国)http://www.thisvr.cn/

◼︎デモンストレーション展示企業紹介

●CODE HORIZON
リアルなロボットとアプリ上のバーチャルな部隊を指揮して対戦する戦略ボードゲーム。ロボットに戦略を組み込み、与えられたシナリオに沿って(3つ)指令を完遂させる。バックグラウンドストーリーも凝っていてよりプレイヤーがのめり込む要素がある。
・MIRA.Inc(日本)http://codehorizon.io

●Telepathy Walker
独自のディスプレイ技術によるスマートグラス。誰でも直感的に使える操作性が魅力のウェアラブルデバイス。視界と一体化した歩行者向けのナビゲーションと、スムーズなお出かけスポット探索で、楽しく安全な新しい世界の歩き方を提案する。ボイスコマンド(音声操作)に対応しており、完全ハンズフリーで使用可能。マルチタスクも可能で、ナビゲーションを見ながら通話することもできる。
・Telepathy Japan Inc.(日本)http://www.telepathywalker.com

●TeNKYU
アプリをインストールして機能を変更することが可能な電球型通知デバイス。アプリと連動して天気などの情報を電球の色で教えてくれたり、電球に組み込まれた人感センサーから人の動きをスマートフォンやパソコンにお知らせすることが出来るので、防犯や見守りなどにも役立つ。
・TeNKYU Co.,Ltd.(日本)http://tenkyu.net/

●Bagel Smart Tape Measure
紐状の巻尺と、ホイールメジャー、レーザー距離計の三種類の測定法でデジタル測定を可能にするスマートメジャー。アプリと連動することで測定値やボイスメモを記録できる。
・Bagel Labs(韓国)http://www.bagel-labs.comibe.pdf

●PIECE
2つのスマホを1つにまとめる超薄型SIMアダプタ。クレジットカード大の大きさで見た目もスリム。この装置にマイクロシムを差し込むと、1つのスマホで2つの電話番号が使用できる。
・Smartgears Global Limited(香港)http://www.piece4sim.com/

●Orphe
約100個のフルカラーLED・リアルタイムのモーションセンサー・Bluetooth通信機能を搭載したまったく新しい“スマートフットウェア”。無料のiOS/Androidアプリを使うことで、光の色やアニメーション、足の動きへの反応を自由にデザインできる。また、macOS用無料アプリを使うことで、モーションセンサーから得られるデータを記録したり、楽器やVRコントローラーとして利用するなど、アイデア次第で様々な使い方が可能。
・no new folk studio Inc.(日本)http://orphe.shoes/

◼︎イベント会場の様子

出展者企業関係者を除く200名を超える来場があり、さまざまな業種・職種の方々が行き交う会場内では様々なリレーションが活発に生まれていました。このイベントをきっかけに、各スタートアップのビジネスがより加速することが期待されます。出展者、来場者ともに満足度が高く、次の開催を望む声も多く聞かれました。

◼︎協賛企業紹介

DMM.make AKIBA Demodayにご支援、ご協力いただいたスポンサー企業の皆さまに、心より感謝申し上げます。

株式会社トップゲート 様
https://www.topgate.co.jp/
シスコシステムズ合同会社 様
http://www.cisco.com/c/ja_jp/solutions/internet-of-things/overview.html
Kaliop Group 様
https://www.kaliop.com/
オートデスク株式会社 様
http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview
獺祭(旭酒造株式会社)様
https://www.asahishuzo.ne.jp/
コカ・コーライーストジャパン株式会社 様
http://www.ccej.co.jp/

(編集・境 理恵)

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について