磁力が重力に負けそうな時

磁力が重力に負けそうな時

sato
sato (ID4367) 2017/05/24
0

一生懸命作った看板に磁石を取り付けて壁につけても、看板が重すぎてずり落ちてしまう。
そうした悲しみを磁石を増やさずに乗り越えます。

磁石に滑り止めの機能を持たせてあげれば解決するのではないかと。
方法はいろいろあるそうですが、今回は磁石の裏にゴムを取り付けることにしました。

下の写真で丸イスの上に乗っているのが看板です。
(正確には看板ではなく、ドアの小窓用の取り外しできるスモークカバーです。)
厚さ3mmの550mm×250mmのアクリルを直径5mm厚さ3mmのネオジム磁石6つでなんとかしようとしてずり落ちました。

磁力がギリギリなので、1mm厚のゴム板を貼ると完全に磁力が足りなくなり即落っこちます。
そこで今回滑り止めに使いのは使い捨てのゴム手袋です。いい感じに薄い。

ゴム手袋には滑りをよくするために粉がついてるので、水でよーく洗い流した後水気をとって必要な分だけ切り取ります。
そこに両面テープを貼り付けて、5mmのポンチでゴム手袋と両面テープをくり抜きます。

くり抜けたらそれを磁石の裏に貼るだけ!

はいこれで完成です。
無事ずり落ちずに使用できました。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について