2017年12月DMM.make AKIBA的レポート

2017年12月DMM.make AKIBA的レポート

DMM.make AKIBA
DMM.make AKIBA (ID4043) 公認maker 2018/01/17
0

DMM.make AKIBAで先月に起こった事柄を振り返る記事です。

DMM.make AKIBA関連のニュース、施設内でのイベント、会員の活躍している動向の報告、雑誌などのメディア掲載などをまとめて紹介します。DMM.make AKIBAを中心に、一ヶ月を振り返ってみましょう。意外な発見があるかもしれません。

[INDEX]
・DMM.make AKIBA施設・会員の出来事・ニュース
・DMM.make AKIBAのできごと
・DMM.make AKIBAで開催されたイベント
・DMM.make AKIBA外部開催/参加/協賛イベント
・DMM.make AKIBAメディア掲載/プレスリリース
・おまけ(DMM.make AKIBAの暮らし)

DMM.make AKIBA会員の出来事・ニュース

https://youtu.be/aac8TY42OME

●Dmet Products
12月1日
米国トイザらスが発表した「2017 HOLIDAY HOT TOY LIST!」に「SoundMoovz」が選出
[詳細]https://www.toysrus.com/toys/holiday/hot-toy-list

12月12日
『Fabcross』にインタビュー記事「世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」」が掲載
[詳細]https://fabcross.jp/interview/20171212_dmet_01.html

12月12日
『CareerWake』に代表取締役 楠 太吾さんのインタビュー「この世界で誰も見たことがないようなモノを作り、感動を味わいたい」が掲載
[詳細]http://cw.stg.tokyo/interview/035.php

12月25日
「SoundMoovz」アプリのチュートリアル動画公開
[詳細]https://youtu.be/aac8TY42OME

12月12日
「SoundMoovz」アプリに『Shibuya Crossing』『Cyber Town』の音楽が追加
[詳細]https://www.facebook.com/soundmoovz/videos/1307071469396922/

https://youtu.be/AiMcT4vfbiI

●GROOVE-X
12月4日
未来創生ファンドと産業革新機構を筆頭にGROOVE X の新世代家庭用ロボット「LOVOTTM」開発に向けて第三者割当増資に関する投資契約締結を発表。これまでの資金調達を含め、累計で約80億円の調達額に
[詳細]http://www.groove-x.com/press_release/press_20171204_lovot.pdf

12月4日
2018 年末に予定している新世代家庭用ロボット「LOVOTTM(ラボット)」の製品発表に先立ち、『IMAGINE YOUR LOVOTTM キャンペーン(イマジン ユア ラボット キャンペーン)』を開始
[詳細]http://www.groove-x.com/press_release/press_20171204_campaign.pdf

12月4日
『GIZMODO』に「まだ謎なのに状況がスゴいと語るロボット「LOVOT」。それを手がけるGROOVE XのCEOにギズが訊いた27の質問」掲載
[詳細]https://www.gizmodo.jp/2017/12/lovot-groove-x-ceo-interview.html

12月4日
アメリカ カリフォルニア州ホーソーンのロードサイドに屋外広告を設置
[詳細] https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-05/P0GRI76KLVSE01

●no new folk studio
12月1日
NHK教育テレビジョン Eテレにて放送の「人間ってナンだ?超AI入門」第9回にCEO菊川 裕也さんが出演
[詳細]http://www.nhk.or.jp/aibeginner/

12月14日
『DMM INSIDE』にて「dotFes2017」に登壇したCTO金井 隆晴さんのレポート記事掲載
[詳細]https://inside.dmm.com/entry/2017/12/20/dot_fes_2017

●Rhelixa Inc.(仲木 竜)
12月1日〜3日
筑波大学シンポジウム「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」にて代表の仲木竜さんが登壇
[詳細]https://goo.gl/b8W1XA

12月6日
神戸ポートアイランドにて開催された「2017年度生命科学系学会合同年次大会」へ参加
[詳細]https://goo.gl/1io7Jb

12月12日
バイオベンチャー5社共同「2019年新卒&インターン学生MeetUp」に代表の仲木竜さんが登壇
[詳細] https://goo.gl/z8QxoP

●Gatebox
12月5日
バーチャルホームロボット「Gatebox」の追加販売開始(第31回)※受付終了
[詳細]https://goo.gl/XQgbGe

12月7日
初音ミクさんの生活模様の一部を公開
[詳細] https://www.facebook.com/gatebox/videos/1527261780662826/

12月9日
バーチャルホームロボット「Gatebox」追加販売終了
[詳細] https://gatebox.ai/campaign/

●Early Reflections
12月10日
リサーチャー、データ解析アシスタントの募集開始
[詳細]http://earlyref.com

●znug design(根津 孝太)
12月11日
富山県美術館開館記念展 Part 2『素材と対話するアートとデザイン展』に超小型モビリティ「rimOnO」展示
[詳細]http://tad-toyama.jp/exhibition-event/2975

●きゅんくん
12月14日
『Plus81 Magazine』の「Vol.78 U-30 Creators The Millennial-Generation issue」に掲載
[詳細]http://www.plus81.com/detail.php?id=241

●100円ロボット部(青木 達夫)
12月18日
自作派のためのコンピュータ技術情報誌『I/O』1月号にて、連載<100円ロボット部!>「モコモコしたロボット」&「次世代グルーモーター」が掲載
[詳細]http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4504

●JavaSparrow
12月15日
「二子玉川 蔦屋家電」にて、ひかりで繋がるIoT照明「wesign」の販売を開始
[詳細]http://info-blog.javasparrow.tokyo/2017/12/wesign-1215.html

12月20日
『DMM.make AKIBA PRESS』にインタビュー記事「MAKERS #20「Javasparrow株式会社エンジニア國舛等志・デザイナー稲田祐介」 離れた人にも「ただいま」を光で伝えるるIoT照明」掲載
[詳細]https://media.dmm-make.com/item/4336/

12月23日
「AssistOn」にて、ひかりで繋がるIoT照明「wesign」の販売を開始
[詳細]https://goo.gl/Fvx14h

●未来予報株式会社(曽我浩太郎・宮川麻衣子)
12月20日
PanasonicのデザインスタジオFUTURE LIFE FACTORY主催「2030年の人間らしいくらし」について考えるトークセッションに共同代表の宮川麻衣子さんが登壇
[詳細] https://www.instagram.com/p/BcrLkZzFrMh/

12月28日
『月刊事業構想 2月号 未来俯瞰-2018年の新市場-』に曽我浩太郎さん・宮川麻衣子さんのインタビュー”「起こりうる未来」の見つけ方”が掲載
[詳細]https://goo.gl/Bhtebx

●INUPATHY
12月22日
ドッグトレーニング教室「INUPATHY Dog trainingschool! vol.01」開催のお知らせ
[詳細]https://www.facebook.com/events/142310309881425/

12月23日
NHK『おはよう日本』の「まちかど情報室スペシャル」にてINUPATHY紹介
[詳細]http://www.nhk.or.jp/ohayou/

●株式会社テレパシージャパン
12月25日
ウェアラブルアイウェア『Telepathy Walker(R)』を活用した新しいミュージアムサービスを「神勝寺 禅と庭のミュージアム」にて1月1日から開始することを発表
[詳細] https://goo.gl/umFPnq

●株式会社Spoon
クラウドファンディングサイト「Makuake」にて「リアルギター型デザインキー【HEAD ROCK】」のクラウドファンディング開始、話題に
[詳細]https://www.makuake.com/project/head_rock/

⇒関連記事
[MdN]https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/56614/
 Spoonより、ギター型のデザインキー「HEAD ROCK」が本日よりクラウドファウンディングを開始
[バンサポ]https://bansapo.com/guitar-key-headrock/
 鍵がギターの形に!?「HEAD ROCK」がクラウドファンディング開始!
[キセノンテンター]https://xenontenter.com/head-rock/
 鍵にも「ロック」な味付けをするギター型デザインキー:HEAD ROCK
[@DIME]https://dime.jp/genre/495286/
 思わず弾きたくなる!?Spoonのリアルギター型デザインキー『HEAD ROCK』

●VAQSO
12月29日
『週間SPA!』12月26日発売号にて「VAQSO VR」紹介
[詳細]https://www.facebook.com/vaqsovr/posts/2002015403379012

●Cerevo
12月12日
動いて会話ができる「1/8タチコマ」とカフェで遊べる期間限定イベントを開催
[詳細]https://info-blog.cerevo.com/2017/12/12/3855/

12月14日
「1/8 タチコマ」を年末年始に無料で体験できるモニターキャンペーンを実施
[詳細]https://info-blog.cerevo.com/2017/12/14/3861/

12月25日
LiveWedgeのFlexTally対応ファームウェアを公開
[詳細]https://info-blog.cerevo.com/2017/12/25/3871/

AKIBAのできごと

●12月12日より「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」募集開始
「DMM.make AKIBA Open Challenge」は、革新的なサービスやプロダクトを作り出し、急激な成長を目指す人々の支援のためのアクセラレータープログラムです。DMM.make AKIBAを含む、様々な技術やビジネスに精通した企業・団体がサポーターとなり、それぞれの特色を活かし技術面およびビジネス面においてスタートアップを3ヶ月にわたり支援します。
また、今回より各分野の専門家をメンターとして迎えサポート体制を拡充しています。

過去2回の実施において、IoT・VR・フィンテックなど新規事業開発における注目度の高い分野でビジネス化を目指す17チームを採択し、プロトタイプの技術支援、ビジネスフィジビリティなどを行うことにより、スタートアップのステージアップを実現してきました。
企画やプロトタイプをブラッシュアップしたい皆様からのご応募お待ちしています。

▼『DMM.make AKIBA Open Challenge 3』概要
募集期間: 2018年1月18日(木)まで
支援開始: 2018年3月予定
詳細情報:https://akiba.dmm-make.com/form/openchallenge/

DMM.make AKIBAで開催されたイベント

●12月11日「【第21回】AKIBAでつながる交流会」開催
DMM.make AKIBAで活動している会員の情報発信や交流を目的としたミートアップイベント。
今回は「ノン・テーマ」。
プロダクト3分ピッチでは、Mistletoe株式会社 による「ミネルバ大学の学生と日本のスタートアップを繋ぐサマープログラム」の紹介のほか、FND株式会社による「CLUB向けLEDとAKIBAベンチャーのタイアップ事例」やNPO法人Mission Arm Japanによる「NPOとしての開発事例」など、様々なプロダクトのピッチと展示が実施されました。
[詳細]http://akibameetup21.peatix.com

●12月12日「Japan TECH Project CES2018 共同出展ブース 渡航前事前説明会・懇親会」開催
単独での出展や海外進出にハードルを感じる企業が、CESに気軽にトライアルできる共同出展ブース「JAPAN TECH」。
米国特有の出展手続きから展示のノウハウ・デモンストレーションに、投資家や海外企業とのビジネスマッチング、国内外のプレスへのコミュニケーションまでトータルで出展をサポート。
スタートアップや企業を対象に、CES2018 JAPAN TECHの事前説明と懇親会が開催されました。
[詳細]https://ces-japantech.jp/

●12月13日「テクノロジー人材育成のためのデジタルビジネス創造研修プログラム説明会」開催
デジタル分野に対し幅広い専門性やナレッジと実績をもつPwCコンサルティング合同会社と、DMM.make AKIBAの知見とインフラを集結し誕生した研修プログラムに関する説明会を開催しました。
説明会では、デジタル技術を活用した新しい事業を持続的に生み出していくための「デジタル人材育成のためのデジタルビジネス創造ワークショップ研修」と、アイディアを具現化するための「DMM.make AKIBAが提供する研修プログラム」について、登壇者より紹介しました。
[詳細]https://peatix.com/event/327246

●12月13日「スタートアップと投資家の関係 - DMM.make AKIBA Open Challenge トークイベント」開催
「DMM.make AKIBA Open Challenge」トークイベントの第一回目のテーマは「スタートアップと投資家の関係」。
スタートアップの成長に欠かせない投資家やベンチャーキャピタル(略称:VC)とどのようにコミュニケーションを取ればより早く成長できるのか、投資家やVCはスタートアップのどこを見るのか、何を期待するのか…など、気になる実情を投資ファンドABBALabの亀井聡彦氏をお招きしお聞きしました。
[詳細]http://ptix.at/QZdrlM

●12月18日「ディップアートで光るクリスマスオーナメント@IoT女子会」開催
「IoT女子会」第三回目はクリスマスオーナメントをつくるワークショップ 。
今回のイベントでは、女性向けにアレンジされたDMM.make AKIBA見学ツアーとIoTミニ講座、そして簡単な電子工作を含めたワークショップを実施。
参加者は初めての回路設計に悪戦苦闘しつつも、オーナメント作りに時間も忘れて熱中し、懇親会ではそれぞれの作品を手に和やかな雰囲気で会話も弾みました。
[詳細]https://peatix.com/event/328302
[レポート]https://media.dmm-make.com/item/4343/
[協賛企業]
 ・日本ロレアル株式会社
 ・大幸薬品株式会社
 ・KURANDO(リカー・イノベーション株式会社)
 ・さくらインターネット株式会社
 ・RSコンポーネンツ株式会社
  ※順不同・敬称略

●12月19日「スタートアップの新たなビジネスモデルと知的財産マネジメント」開催
特許庁主催のスタートアップを対象としたセミナー。
オープンイノベーションの潮流に伴い、スタートアップにとってビジネスモデルの核となるアイディアや技術・知的財産によるバリュエーションが、事業をスケールさせる重要な戦略となりつつあります。
今回のセミナーでは、ビジネスモデルに応じた知財マネジメントの近年の事例・類型、特にシード・アーリーステージのスタートアップが押さえるべき知的財産のポイントと、特に気をつけるべきことについてお話しいただきました。
[詳細]https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2017/startup/index.html

●12月20日「スタートアップが成長するための仲間の集め方 - DMM.make AKIBA Open Challenge トークイベント」開催
「DMM.make AKIBA Open Challenge」トークイベントの第二回目のテーマは「スタートアップが成長するための仲間の集め方」。
「Open Challenge」第一期採択チームであり、仲間集め真っ最中のOTON GLASS代表島影圭佑氏をお招きし、スタートアップにとっての仲間の重要性や仲間を集めるための取り組みについて、事例を交えたトークセッションを実施しました。
[詳細]http://ptix.at/fpR0DI

●12月21日「DMM.make AKIBAギブテク#1」開催
会員さまによる会員さまのためのイベント「DMM.make AKIBA ギブテク」。
“GIVE&TAKE” ”GIVE TECHNIQUE”とかけて、会員同士で自身の経験から学びを通してコミュニケーションを活発にするという主旨のもと発足しました。
記念すべき第一回目は、「元広告マン柏木さんによるFB広告を効率よく回し、2ヶ月で4000万円販売した方法(実践中)」。
自社サービスの広告集客をFacebookで効率よく回す方法を学びつつ、ピザを片手にインタラクション・ネットワーキングも開催されました。
[詳細]http://ptix.at/QZdrlM

DMM.make AKIBA外部開催/参加/協賛イベント

●12月16日「GUGEN」
今年で5年目となる日本最大級のハードウェアコンテスト「GUGEN」のイベントスポンサードを務めました。

「GUGEN」実用性や商品性の高いアイデアを表彰するメーカーズの登竜門的なコンテストで、今年は159作品がエントリーし、そのうち一次審査をパスした69作品が最終審査を兼ねた展示会に出展しました。
会場では、DMM.make AKIBA会員、スカラーシップ生、テックスタッフが出展する姿も。
「DMM.make AKIBA賞」には、アウトドアスポーツ・アクティビティのガジェットやサービスを中心に開発を行なっているメーカーズチーム”rino products”のスノーボード監視用デバイス「RSD-02」が選ばれました。

また、「DMM.make AKIBA Open Challenge」にも参加していた” 歯っぴ~”の、歯に紫外線を当てることで目に見えない歯垢をスマートフォン経由で確認しながら歯を磨けるスマート電動歯ブラシ「人生100年時代に必要な歯磨きシステム」が大賞を受賞しました。
[詳細]https://gugen.jp/2017contest-result

DMM.make AKIBAメディア掲載/プレスリリース

●12月5日 プレスリリース
「DMM.comと 公益財団法人クマ財団、新たなクリエイティブシーン創出のため、学生クリエイターへの支援で協業開始」配信
[PRTIMES]https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002675.000002581.html

⇒メディア掲載
[Fashionsnap.com]https://www.fashionsnap.com/news/2017-12-05/dmmcomkuma/
 DMM.comとクマ財団、学生クリエーターへの支援で協業
[ICT教育ニュース]http://ict-enews.net/2017/12/6dmm-3/
 DMMとクマ財団、学生クリエイターへの支援で協業開始
[Social Game Info]http://gamebiz.jp/?p=199233
 DMMとクマ財団、次代を担う学生クリエイター支援で協業開始
 クリエイター奨学金に採用された学生の制作活動拠点に「DMM.make AKIBA」を提供
[Apparel Web]https://apparel-web.com/news/fashionsnap/4546
 DMM.comとクマ財団、学生クリエーターへの支援で協業
[ウレぴあ総研]http://ure.pia.co.jp/articles/-/132800
 DMM.comと 公益財団法人クマ財団、新たなクリエイティブシーン創出のため、学生クリエイターへの支援で協業開始

●12月8日
東京の今を全世界に向けて紹介するビデオサイト『PLAY TOKYO』(http://playtokyo.jp)にて施設および施設会員の紹介動画公開
[詳細]https://www.facebook.com/playtokyojp/videos/1501528443301982/

●12月12日 プレスリリース
「IoTなど革新的なサービスやプロダクトのプロトタイピング、ビジネス化をサポートするアクセラレータープログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」募集開始」配信
[詳細]https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002696.000002581.html

⇒メディア掲載
[Fabcross]https://fabcross.jp/news/2017/20171213_dmmmakeakiba_openchallenge3.html
先端技術を活用したサービス/プロダクトの事業化をサポート——「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」募集開始
[マイナビニュース]https://news.mynavi.jp/article/20171215-557247/
DMM、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたサポートプログラム第3回を募集

●12月13日
インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト『Think IT』にて「アキバから世界へ!DMM.make AKIBAから誕生した注目のものづくりスタートアップ6社を紹介!」掲載
[詳細]https://thinkit.co.jp/article/13055

おまけ(DMM.make AKIBAの暮らし)

早いもので、2017年もあっという間に終わり、これを書いている時点ではもう2018年です。
お正月を迎え、CES出展組がそろそろ帰国し始めるかな、という時期に去年のことを思い出せと言われても、遠い昔のことのようで記憶が曖昧です。

みなさま2017年の締めくくりはどのようにお過ごしでしたか。DMM.make AKIBAの師走の風物詩といえば、CES出展組が血相を変えて準備に追われている様子なのですが、毎年のことなのでそっと見守るだけでした。
そして12月といえばクリスマスですね。DMM.make AKIBAでは、毎年レゴブロックのクリスマスツリーが飾られます。こちらも毎年のことなので、写真を撮ることすら忘れていました。

というわけで、唯一筆者のスマホに記録されていた12月の思い出をご紹介します。
DMM.make AKIBAで一番かわいいいきものと、二番目にかわいいいきものが、Lチカでメリークリスマスをお伝えする様子です。どちらが一番なのかは想像にお任せします。

本年もどうぞ、DMM.make AKIBAをよろしくお願いいたします。
(編集・境 理恵/田中麗奈/田中佑佳)

[ DMM.make AKIBAについて]
株式会社DMM.comが運営する「DMM.make AKIBA」は、ハードウェア開発・試作に必要な機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。

>>DMM.make AKIBA ホームページ
>>DMM.make AKIBA 公式Facebookページ

・DMM.make AKIBA Open Challenge
プロトタイプをさらにレベルアップさせたいチームを、技術やビジネスに精通した企業が3ヶ月間サポートするプロジェクト。
・DMM.make AKIBA 企業向けIoT人材育成研修
IoTを語れる、活かせる即戦力の育成をサポート。企業の経営者やそこで働く皆さまが、IoT技術を「自らのビジネスに応用させる」ために必要な知識を得る機会を提供します。

●DMM.make AKIBAに関するお問い合わせはこちら

先月の記事はこちら⇒2017年11月DMM.make AKIBA的レポート

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について