Nixie管の温かな色味を知ってほしい!

Nixie管の温かな色味を知ってほしい!

hiro
hiro (ID4510) 2018/03/11
0

省電力化で表示するデバイスがLEDや液晶モジュールに偏っている現状に真空管はどうだろうか!

 今のご時世、100円ショップで簡単に文字盤の見やすい時計が販売されている時代です。しかし、思いませんか、何か味気ないと...。そこで私たちは真空管の一種であるNixie管を用いた時計を提案したい!

現在の体制と現状

現在は3人でNixie管時計を製作しております。
Design担当、ハードウェア担当、ソフトウェア担当
となっています。

回路の検討を検証機の製作と動作はすでに確認しており、製品版プロトタイプの外装設計がfusion360で完了しています。

背景

 初めまして。Hiroです。
 都内の某大学の学部2年です。このニキシー管を使った時計を製作するに至った背景を書きます。

 私は中学生の頃に電子工作と出会い、回路設計を学び始めました。始めはロボットの大会に出るためにマイコン関連のブログや自作できるセンサーについて調べていました。
 高校生の頃とあるブログでニキシー管を自作の回路で光らせている写真を見つけたのです。
 その写真に写るNixie管は大変温かな色味をしており、近頃のデジタル時計と異なり滑らかなアラビア数字が表示されていました。暗闇の中で光るNixie管からは幻想的な印象を受けました。
 その後、自分でNixie管を購入し、回路を組んで見ましたが当時の自身の技術力では実現することが叶いませんでした。
 
 大学生になり、回路の知識やプリント基板を設計できるようになり、周囲には技術系サークルに入ったこともあり頼れる友人もいたので再度挑戦してみようと思ったのがことの発端です。

目標

 私たちの目標はこのデバイスを商品化し電子工作に興味がない方にもニキシー管の温かな色味を実感していただくことです。

 今後も活動を続けていきますので宜しくお願いいたします。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について