3Dスキャナーキャンペーン①_サンドイッチで3Dデータ作成の検証

3Dスキャナーキャンペーン①_サンドイッチで3Dデータ作成の検証

ずみ
ずみ (ID4371) 2018/04/04
0

3Dスキャナーキャンペーンのご利用紹介記事になります!
DMM.make AKIBAでVR関連の開発を行っている会員様のご利用を紹介させていただきます。

今回、VR関係で使用する3Dデータの作成の検証のためキャンペーンを利用とのことでした。

日本電産トーソク社製3Dスキャナーで高精度な3Dデータを、自前の色情報をとれるが精度があまりよくないスキャナーで得た3Dデータをマージさせ、高精度で色情報も持つ3Dデータを作成できるかの検証とのことです。

スキャン対象はお昼ご飯のサンドイッチです!!

本来は上側をスキャンした後に反対にして下側をスキャン、その2つのデータを合致させて完全なデータにするのですが、今回の場合は反対にした際に形状が間違いなく変わってしまうため、片面のみのスキャンとすることにしました。

スキャン結果

若干穴だらけになってしまいました。
パンのスキャンは案外難しいという話は聞いておりましたが、食パンはさらに難しいようです。
ハムの部分はしっかりとスキャンできているようです。

分離している面で指定したポリゴン数以下の面を消去する機能があるのですが、それにより消されてしまった情報が多かったようです。

消去する面のポリゴン数を減らしたことで、穴抜けが緩和されました。

これから色付きデータとのマージを試されるそうです!

ちなみにスキャンしたサンドイッチはその後おいしくいただきましたb

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について