レンタル撮影キットを使ってミニジャッジルームでそれっぽい写真素材を撮ってみる | どうぐばこ#5

レンタル撮影キットを使ってミニジャッジルームでそれっぽい写真素材を撮ってみる | どうぐばこ#5

DMM.make AKIBA
DMM.make AKIBA (ID4043) 公認maker 2018/04/19
0

DMM.make AKIBAの『どうぐばこ』。

DMM.make AKIBAには、ハードウェア開発・試作に必要な機材が揃っています。このコーナーでは、プロトタイピングを加速させる本格的なツールの活用方法についてお届けしていますが、今回は施設で使える貸出機材の一部、撮影キットについてご紹介します。(文・ 田中佑佳)

ハードウェアを開発していると、Webに載せるためにパーツの写真をきれいに撮りたい、メディアさんから製品のこういう角度の写真がほしいと頼まれた.......などなど、それなりにいいかんじの写真が必要となることがまぁまぁあります。そんな時に大活躍するのがDMM.make AKIBAの貸出機材、撮影キット&デジタル一眼レフカメラです。

DMM.make AKIBA施設メンバー向けには、多くの無料の貸出機材があるのをご存知でしょうか?機材の一覧は以下のURLから見ることができます。
https://akiba.dmm-make.com/about/machines

まずは12F受付で機材をレンタル

撮影キットとカメラは12Fにある窓口で貸出してもらうことができます。特に貸出予約が入っていなければ、その場ですぐ借りることができるので気軽にフロアスタッフに聞いてみましょう。

撮影キットとカメラと三脚があれば、フロア内のどこでも撮影はできますがそれなりにセッティングするための場所が必要になるので、あらかじめどこか会議室を予約しておくと便利です。少人数で小物の撮影であれば、防音で明かりの調整ができるミニジャッジルームがおすすめです。

撮影キットのセッティング

さっそく借りた機材をセッティングしてみましょう。

まずはペーパーキャッチャーと背景紙をだします。背景紙はPVCと布タイプの2種類あり、布は白・黒背景好きな方を使えるので撮りたいものに応じて使い分けます。ペーパーキャッチャーのセッティングの仕方は、撮影キットの案内に簡単に書いてありますが、基本、背景紙をはさむだけです。PVCはわりと重さがあるので、1人でセッティングするときは要注意です。

ペーパーキャッチャーと背景紙

次に機材セットの中から三脚についたライトをだします。ライトの裏面にバッテリーをセットし、5600kwか3200kwのつまみをどちらかまわすと明かりがつきます。長時間使う場合は、別途ACアダプターをフロアスタッフの人から借りましょう。

次にカメラと三脚を用意します。カメラを借りるとあわせてSDカードもついてくるので、借りたらそのまま撮影が可能です。

最初にセットした背景紙の周りになんとなくライトやカメラを置いてみます。ライトをつけるとだいぶ明るくなりましたが、部屋についている照明の黄色っぽい光や、あちこち影ができてしまっています。

入口横にある調光スイッチでライトを消すと、グッと撮影向きの雰囲気になりました。

実際にものを置いてスマホで試しに撮ってみます。部屋の照明を消して、ライトだけにしたものの方が余計な影がはいらず、また色味もきれいにでますね。

明るさと影の調整

最終的に画像処理ソフトなどで加工いれるにせよ、なるべく加工の労力は最小限にいい写真が撮れるにこしたことはありません。その場合に気をつけたいのは明るさと影の入り方です。ライトの位置などを念入りに調整していきます。
※写真の撮り方、テクニックなどは専門のWebサイトや冊子で紹介されているものをぜひ参考にしてみましょう。

ライトとカメラの三脚は、どちらもプロダクトの真上の位置になるように調整することができるので、ブツ撮りなどの俯瞰撮影が可能です。稼動箇所が多い三脚なので、撮影しやすい位置を色々試してみましょう。

撮影キットは最初、少し大掛かりなセットで慣れるまで1人で準備するのは大変なこともありますが、きちんとセッティングして撮った写真はプロダクトをきちんと伝えるのにとても役立ちます。セッティングの仕方やカメラの使い方でわからないところがあれば、スタッフに相談してみましょう。

ぜひプロダクトのPRに施設設備をうまく活用してみてください。

[ DMM.make AKIBAについて]
株式会社DMM.comが運営する「DMM.make AKIBA」は、ハードウェア開発・試作に必要な機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。

>>DMM.make AKIBA 公式サイト
>>DMM.make AKIBA 公式Facebookページ
>>DMM.make 公式Twitter

●DMM.make AKIBAに関するお問い合わせはこちら

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について