IoT防犯アクセサリー開発について~女性が安心して暮らせる世の中へ~

IoT防犯アクセサリー開発について~女性が安心して暮らせる世の中へ~

Fearlessとは?

こんにちは、Fearlessという団体で活動させていただいております。
現在、高校2年生です。

Fearlessは、女性が安心して暮らせる世の中へというコンセプトで活動しています。

IoT防犯アクセサリーの開発に至った経緯

”IoT”という言葉も知らなかった私がなぜこの開発を始めたかというと大きな出来事が原因でした。
それは中学生のころ、不審者に遭遇しとても怖い思いをしたことです。
私はその時から改めて防犯について考えるようになりました。

そして、この経験をした私だからこそ伝えられることがあるのではないか、女性の防犯意識をもっと上げたい!と考え、IoT防犯アクセサリーの開発を始めました。

IoT防犯アクセサリーとは?

IoT防犯アクセサリーはアクセサリーにBluetoothなどの機器を融合させ1つのボタンをつけたものです。
そのボタンの押し方によって、用途を使い分けることができる商品です。

使用方法は
1プッシュ 緊急のとき  防犯ブザーが鳴る+事前に登録した連絡先に位置情報が送信される
長押し   不安を伝える 位置情報と不安というメッセージが送信される
連打           位置情報が送信される
というような仕組みを想定して作成しています。

必要なもの

ハードウェア アクセサリーに装着できるような小さいボタン式のもの
       携帯電話と接続できるようにBluetoothを搭載
       小型でできる限り電池持続時間を長くさせるためにボタン電池(CR2023)での駆動
アプリ    防犯ブザーを鳴らす&位置情報を送るため

デザイン   おしゃれにすることで、気軽に持っていただくため

ざっくりいうとこのようなものになります。

現段階

完成後のイメージを高めるため、Bluetoothを内蔵した機器のボタンを押すと、自分のスマートフォン経由で位置情報とその状態を含んだLINEにメッセージが届くレベルのフローが動くものは作成しましたが、実際に利用できるレベルまでの機能を満たしているプロダクトはまだ完成しておりません。

ハードウェア
現在選定中ではありますが、既存の市販されている機器や、イメージ通りのものを作るために利用しやすいkoshianベースの小型機器の基板設計を行っております。

アプリ
Androidベースで作成を検討しており、サーバ側はAzure環境でのクラウド利用を予定しています。

なぜDMM.make AKIBAで開発したいのか

先述させていただいた通り、私は開発未経験者でわからないことばかりで、一人で開発することが難しいです。
だから、今回の機会を通してできることを増やしたいと思っています。

具体的に言うと、開発する方法や経験、量産にわたる所までを吸収し、自分のプロダクトを自分で作る力、それと入居している人たちの知見を肌で吸収し頼る部分は頼る方法を知り成長したいと考えています。

未経験の私でも自分の手で作ることができる環境がある。
だから、DMM.make AKIBA で作りたいと思いました。

今後の活動

今の目標として、商品化をし、MakerFaireに出展することを検討しております。

できるかぎりコンパクトにしたい、様々な商品展開(キーホルダー、ブレスレットetc)にするため、ハードウェアをできる限りコンパクトにすることを目標に現在開発しております。
アプリ開発も必要なので、並行して行っております。

商品が完成したら、クラウドファンディングをし、資金調達だけでなく、どのような方にニーズがあるのかの最終確認をします。

現段階での販売予定は2019年3月ごろなのですが、私は1秒でも早くIoT防犯アクセサリーを皆さんに届けたいと思っております。

応援していただけると幸いです。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について