3Dスキャナーキャンペーン⑩_スピーカーをスキャンして多面体スピーカー製作

3Dスキャナーキャンペーン⑩_スピーカーをスキャンして多面体スピーカー製作

ずみ
ずみ (ID4371) 2018/05/29
0

3Dスキャナーキャンペーン第10弾です!

スタッフが小型多面体スピーカー製作をする際に3Dスキャナーの利用がございましたのでご紹介させていただきます!

今回使用した小型スピーカーは情報がほとんどなく、寸法情報もなかったため3Dスキャンしたデータをもとに3Dモデルをおこしたそうです。

スピーカーはねじ固定式ではなく、はめ込んでフランジで抑える形式のため寸法が重要になりそうです。

スキャン結果

ところどころ穴が開いてしまっておりますが、今回必要とする大まかな外形データをスキャンすることができました!

これをもとにfusion360にて改めて3Dモデルに起こし、多面体スピーカーの設計したとのことです。

この方法を取れば、ノギス等で採寸しモデリングするよりも、より短時間、より正確にモデリングすることができると思います!
また、ノギス等では測定できない箇所も多々存在し、そういった個所をスキャン、測定できるのも3Dスキャナーの強みの1つだと思いました。

実際に製作された多面体スピーカーがこちらになります!
筐体は光造形の3Dプリンターで出力されたそうです。

透明ボディにコンパクトにまとまっており、とてもクールな仕上がりになっております!

ライブラリスペースに置いておりますので、是非手に取って見たり、実際に音を流してみてください!

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について