【seq.01】アナタと目が逢う ROBO-10 PROJECT

【seq.01】アナタと目が逢う ROBO-10 PROJECT

tamasyu
tamasyu (ID687) 2018/07/24
0

ROBO-10 PROJECTの連載1つめはsequence.01として今回作成するロボットのテーマ「自立型マスコットロボット」についてとイメージイラスト。こういうものが作りたいのです。

テーマの「自立型マスコットロボット」とは

sequence.00で"動く"というコトについてふれました、そして今回は動くロボットを作ります。
ロボットで動くといえば「歩く」。でもそれならオリジナルで作成する部分が難しそうだし、ただキットを3Dプリントしたパーツで作るだけは面白くない。じゃあどこが動くのか?って話です。

答えから言うと"顔"です

そもそもロボットって言っても何をするものなのか?とか、どういう便利機能があるのか?それってロボットである必要ある?とか言い出したら、ただロボットが描きたいだけで始めた心が折れてしまします。今回のテーマはあえて、ツール的(便利)な機能を省くことでロボットの世の中に対する存在意義みたいなもののハードルを下げて、その上で何をするのかを考えました。

回りくどいですね、つまりどう動いたらカワイイか?だけでいいかな です

その(カワイイ)動きとして「こっちを見つけて見てくる」という動きが以前からやってみたかったんです。自分を探してくれる、そしてじっと自分を見つめてくれることを今回のロボットの基本動作とします。

動物園でコアラとかがこっちに気づいてじーっと見てきたらうれしくないですか?
”目があう”と愛が芽生えます きっと…

自ら動く、その動きに意味/意思(ロジック)を今回のロボットの定義、自律型とし自分を見つめてくるロボットの”存在そのもの”が愛らしい、結果としてマスコットとなりうること、それが今回のテーマ/コンセプトなのです。

まず描く、というかもう描いている

去年の年末に思い馳せながら描いたイメージイラスト
カメラがここにあって〜、体の中にマイコンが入って〜とか妄想を膨らましながら。リアルで作ることを想定すると結果形はシンプルなものになってしまいますね。

実際には現実と空想には壁があります。歩くとなると、必然的に長い足になってしまい、こういう短い足ではいけません。私の描きたいロボットと異なってしまう。それもあって歩くという行為はいったん省いたという理由もあります。(いつか短い足で歩くロボットも作りたいです)

シンプルが故になんども描きなおし、ユニークポイントを探して、まずは2Dの時点でいったんイメージイラストとして完成としました。
リアルな世界に、自分のとなりにいてもイヤじゃない、いや、いてほしいロボット。

このコがアナタを探して、そして目が逢うのデス

何をつかって作るのか

今回のロボット作成、もちろん外装やパーツは3Dプリンターを使ってやるのですが。
いままでのROBO-No.シリーズ 3Dプリンタモデルとは違いDMM.make AKIBA(以下AKIBA)にあるABS 3Dプリンター/AFINIAを使用することにしました。

何が違うのかというと3Dプリンターの機種と出し方です。

いままで私が使っていたDMM 3DプリントのサービスはWEBサイトへデータを送ると出力し、職人さんが綺麗に仕上げてくれたものを数日で送ってくれる優れものです。綺麗な仕上がりや用途に応じて素材を選定できたりするのですが、その代わりに時間がすこしかかりますね。

今回は初めてのこともたくさんあり、小さいパーツもすぐ欲しかったりするので自分たちでちょっとづつ出すなど、気軽につかえるという理由からの選択です。
もちろん私がAKIBAの会員というのもあり出力にかかるコストが安いのも理由のひとつです。

いままでのROBO-No.シリーズは、形をある程度組み上げたら一気に出力するので、中身のことや可動などは考えなくてよかったのですが、今回は中に機構やマイコンが入ったり、重さがあると動かなかったりで厚みやサイズ、パーツとパーツの組み合わせなんかを考える必要があります。これはぜんぜん違う領域ですね。面白くなってきました。

AFINIAはワークサイズが140×140×140mmとそんなに大きくないように感じますが、それに合わせて一番大きい頭を軸にデザインしました、各パーツは別々で出していくことでそれなりのサイズ感のものができそうです。
いままでの手のひらサイズではなく、できるだけ大きいものにしたい、これも今回のテーマの一つといえます。

形が見えてくるとワクワクしてきます。でも、ここまでなら今までと同じ、実際に動くものをつくらなくては意味はありません。

次回 ROBO-10 PROJECT seq.02は「機構」について
イメージはできた、動かしたいのは”顔” では、どうやって動かすのか!?

DMM.make AKIBA
https://akiba.dmm-make.com/
AFINIA(DMM.make AKIBAにある ABS 3Dプリンター)
https://akiba.dmm-make.com/about/machinesDetail/33

ROBO-10 PROJECT
【seq.00】ロボットを描きたい
https://media.dmm-make.com/item/4438/
>>【seq.01】アナタと目が逢う
https://media.dmm-make.com/item/4439/
【seq.02】ウゴクをツクル
https://media.dmm-make.com/item/4443/
【seq.03】プロトタイプ
https://media.dmm-make.com/item/4446/

違反について