クラウドファンディングを目指し、「骨くみブロックプロジェクト(仮)」始動!

クラウドファンディングを目指し、「骨くみブロックプロジェクト(仮)」始動!

きみだれ? あとなんでクラウドファンディングなの?

みなさんはじめまして、おだ・さきと申します。
現在慶應大学SFCの修士1年生で、LEGOなどの組み立てるおもちゃに関連する研究を行っています。この度、クラウドファンディングを目指すことになった経緯としまして、少しばかりの身の上話をお許しください。

私は元々慶應ではない他大学のデザイン学部に所属していて、そのまま大学院にエスカレーター式に上がるつもりでした。
それは4年の2月、同期女子6人でのハワイへの卒業旅行出発日でした。羽田の搭乗ゲート前で一本の電話が当時の研究室の教授から入り、残酷すぎるタイミングでの留年通達により、唐突に大学院への入学資格を失ってしまいました。あのときほど、飛行機に事故れと願ったことはありません。(一緒に乗ってた人ごめんなさい)
ですが、優しすぎる友人たちの日々の慰めもあり、ハワイはめちゃくちゃ楽しめました。

さて帰国後は、元母校への恨みを機動力として猛勉強し、慶應SFCに流れ着きました。
しかし、心機一転SFCに入ったものの、周りの圧倒的自己発信力に取り残されて、
現在までとうとう何もできずに一年が過ぎてしまいました。

このままでは、SFC出身だと名乗れない、やばい!ということで、
就活前の現在2018年9月 - 2019年4月の半年の期間中に、学生最後のチャンスをかけて骨くみブロック(仮)でクラウドファンディングを実行しよう!ということにしました。
クラウドファンディングをすれば、やっと晴れてSFCを名乗れる気がしています。
この大学に入った以上、もはやクラウドファンディングするしか私に残された道はないのです!

おだ・さき

山崎学園富士見高等学校出身。
首都大学東京 システムデザイン学部卒 芸術工学専攻。
慶應義塾大学 政策メディア研究科(SFC) 修士1年。
特に書くべき受賞歴なし。
院生だが、何もできない女。を、卒業したい。

OK わかったわかった! じゃあ、なんでブロックなの?

私は、子どもがおもちゃを使って自由に遊んでいるのを見るのが好きです。1年ほどバイトして、2つの保育園のお手伝いをしながら、2歳から5歳の子どもたちの遊ぶ様子を観察してきて思ったことがあります。

それは、LEGOなどのブロックの遊びに夢中な子どもがいれば、全く見向きもしない子どもがいるということです。これは悲しいことなのか分りませんが、ブロック系のおもちゃで遊ばない子の割合は、女の子に多いような気がしています。

ブロック遊びは、室内の中でもコンパクトに遊べるのに遊び方の制限が少なく、他のおもちゃでの遊びよりも自由度が高いです。また、近年の親御さんが求める子どもの教育キーワードとして「創造力」が挙げられますが、まさにブロック系のおもちゃは何かを自由に創造するのにに売ってつけの道具と言えます。

良いことだらけなので、できればブロックで遊ぶ子どもが増えて欲しい。
そこで勝手に一つの仮説を立てました。もし、女である私が、形や組み立て方が今までとちょっと違うタイプのブロックを作ったら、一人でもブロックを好きになって子が出てきてくれるかもしれない。

そして作り出したのが骨くみブロック(仮)です。
現段階では、くそみたいなブロックですが、もうこれでいくしかありません。クラウドファンディングを目指して、骨くみブロック(仮)を完成させます!

ふーん、まぁがんばって。 で、次なにすんの?

現段階でのパーツ群

骨くみブロック(仮)は、使用素材や成形方法など、まだ全くと言って良いほど考えられていない項目が複数あります。その中でも、まず次に取り掛かりたいのは、プロトタイプを作りながらパーツ同士をはめるための凹凸の形状やサイズの候補案をあげること。また、パーツ一つ一つをもっとコンセプトに沿った形状に落とし込むことも必要です。

そこで、次の投稿では骨くみブロック(仮)が、レゴやマグフォーマーなどの世界的ヒットブロックと何が少し異なるのかお伝えしたいです。
その記事の中で、骨くみブロック(仮)のコンセプトを分かりやすく表し、はめ心地を追求し始めたパーツを、載せようと思っています。トライアンドエラーが必要なため、プロトタイプをガンガン作るための設計知識が欲しいことと、一つのパーツが30mm四方のため、精度の良い3Dプリンター(トップ画像などはMDFでレンダリングをしているが、チートになりそう)を使いたい。知識と機材を保有するDMM.makeアキバをぜひ奨学生として使いたいと思っている次第です。

まだまだゴールまでほど遠すぎる段階ですが、嬉しいことに、クラウドファンディングを支援すると言ってくれている方が約20名ほど集まっています。(私の母校 富士見高等学校のみなさん)
また、ただ今交渉中ですが、もしDMM.makeアキバの奨学生に晴れてなることができれば、首都大時代の友人がプロジェクトに参加してくれるかもしれません。

私は人を巻き込むことがとても苦手ですが、クラウドファンディングを目指す以上もうそんなことを言っていられなくなりました。知識を保有する方々にたくさんのアドバイスを請いながら、どうにかしてクラウドファンディングを半年後に成功させたいと思います!そして早く安心してSFC生を名乗れるようになりたい...

長くなりましたが、あってこの記事に足を運んでくださった皆さんへのお願いがあります。
今はほんとにゴミみたいなブロックですが、良いものにきっと仕上げますので、
そっと応援していただけますと幸いです。

おだ・さき

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について