ハロウィン さび塗装

ハロウィン さび塗装

昨年DMM.make AKIBAの施設内でハロウィンパーティがありました。
以前に製作した装置をハロウィン仕様に作り直しました。
(以前製作した装置 ▶ 分身装置 https://media.dmm-make.com/item/4217/ )
製作過程を紹介します。

形をプラスチック段ボールで作ります。
表面を平らにするために0.3mm厚のプラ板を貼ります。
カッティングシートを貼ります。

プラスチック段ボールの切断面が外に出る部分は手を切らないようするためにホットボンドを盛ります。

外に出てサビを観察します。

サビさせる部分のカッティングシートをカッターで切って剥がします。

カッティングシートの淵にカッターで刻みを入れます。
それをめくって見た目をボロボロにします。

水性ホビーカラーの茶色、黒を混ぜた茶色、オレンジを本物のサビを参考にしながら塗ります。
各色はフラットベースを混ぜてつやを消しています。
筆とスポンジを使って塗ります。スポンジは叩くようにして塗ります。

カッティングシートの捲れた部分にオレンジ色を置きます。
それに水をかけて垂らします。

完成です。

分身装置を被った人間はリモコンで前進、右旋回、左旋回の遠隔操作が可能です。
アクションボタンを押すと頭部から飴を取り出して配ります。

以上

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について