おなら噴射の放電時間を測定

おなら噴射の放電時間を測定

リモコンでおならを噴射する「おならボール」というものを作りました。
おならの力で曲がったり、落ちたり、加速したりします。

https://youtu.be/CbrsxAs6_pE

設計時に電池の選定に悩みました。
ボールの内部は狭いため電池を入れるスペースが無い。
おならの弁を開くためには昇圧回路も必要。

そこで電解コンデンサーを使うことにしました。(※1)
昇圧した電気を充電して1回のおなら噴射で全て放電させます。
電解コンデンサーの容量は何回か変えて試して決定しました。
おならの弁を開くソレノイドに流れる電気をオシロスコープで見てみます。

(※1) リモコンの受信、FET駆動用にボタン電池CR2030も積んでいます。

おなら噴射!!

充電電圧の23Vから6Vに下がるまでの時間が 約0.05 秒 (53.466ms)。
一瞬で充電電圧から下がっていることが波形を見てわかりました。
最初に力んだ勢いだけでおなら噴射、人間と同じですね。

使用したオシロスコープはキーサイトのDSOX1204Gです。
測定は『Meas』→『タイプ』を押して種類を選びます。
種類は時間だけでなく、電圧やパルスカウントなどが選べます。

スナップショットで測定結果を一覧表示することもできます。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について