50,000波形/秒ってなんだ!?DSOX1204Gの実力

50,000波形/秒ってなんだ!?DSOX1204Gの実力

U田
U田 (ID3545) 2019/03/29
0

皆さんオシロスコープは何を使ってますか? 私はずいぶん昔に買った激安オシロを未だに使ってます。最近液晶表示が不安定ですが、高周波や込み入ったアナログ回路には手を出していないので、これで十分だと考えておりました。
DMM.make AKIBAにある最新のオシロスコープDSOX1204Gが良いと噂だったので、私の愛用オシロと比較してみました。

激安オシロスコープ

https://youtu.be/kQcoMs8j7A8

ある回路を自宅のオシロで観測してみた結果が上の動画です。
オペアンプの増幅率が低い状態を1us、増幅率を高い状態へ切り替えて4us、この5usを16回、計80usでトリガーがかかります。増幅率が高くなる4usで波形が暴れているのがわかります。

DSOX1204G

https://youtu.be/YlQ_0Rd4S-A

同じ回路をDSOX1204Gで観測した結果がこれです。
全然違いますね。読み取れる情報に雲泥の差があります。ほとんどの波形が芋虫部分を通っていること、その規則性、芋虫から逸脱する波形が少ない割合ながら在ること。いろいろ観測できました。「50,000波形/秒なんて意味あるの?」「50小数点000波形/秒なんじゃないの?」なんて穿った考えを持っていた自分が恥ずかしくなりました。50,000波形/秒はすごい!

まとめ

これまでは良いオシロスコープを持ってても使いこなせない、牛刀で鶏を捌く様なもんだ、なんて考えてましたが考えを改めます。
・オシロスコープは十二分に性能の良いものを使うべき
・オシロスコープの性能に限界を感じたら買い替え時
そう考えるようになりました。
今回の回路ではDSOX1204Gの実力を全然引き出せていませんが、それで良いのだと思います。簡単な回路であってもオシロスコープの性能が良いほど観測できる情報は増えます。ファンクションジェネレータやシリアルバス解析は使う予定ありませんが、それで良いんです。使わない機能は邪魔にはならないし、急遽必要になっても対応できるので安心です。

私のように激安オシロを使い続けてる方には買い換えを強くおすすめします。私はキャンペーン https://media.dmm-make.com/item/4516/ の結果を待ってから買い替えます。



ズーム機能は使いました。めっちゃ便利でした。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について