【データ配布】Jw_cadからレーザー加工機への出力方法

【データ配布】Jw_cadからレーザー加工機への出力方法

chiba
chiba (ID3521) 2019/08/28
0

無料のソフトを使ってレーザーカッター用のデータを作成、加工を行う方法です。

Illustratorを使わず、無料ソフトでレーザー加工用のデータを完成させるところから加工機用ソフトへの送り込みまで完結させて幸せになろうという試み。

本ページ末尾でTrotec JobControl 、Universal Control Panel(UCP)向けに設定ファイルを配布していますのでDLしてお使いください。

Jw_cad

無料で使える2D CADのソフト(老舗)です。

Adobe納税が厳しい界隈の人への福音になると幸い。

見ての通り、こういう用途向けで開発されています。

インストールから設定

ホームページからJw_cadのインストーラーをダウンロードしてきてください。
記事執筆時点でVersion 8.10bが2019/05/21に更新とあり、メンテナンスがされています。
Web1.0な感じも好感が持てます。

インストールしたら起動します。Win95感がありますね。

レーザーカッターが認識できるよう設定をやりますが、手間なので設定ファイル作りました。このページの下部からダウンロードしてください。

Jw_cadの仕様上、Trotecは加工プロセス1~8番までしか使えないです。Universalはもともと8番までしかないので問題ないですね。

ちなみに、TrotecとUniversalで色の順番が違うところがあるので流用しようとする人は注意が必要。

機種に合わせて設定ファイル読み込みます。

ちなみに基本設定を開くと内容確認できます。

こんな感じ(閑話休題)

Trotec編

データを作ります。確認のため線属性1~8全乗せセット。

プリンター設定開きます。

ここの[用紙]のところの設定は無視されます。なので

プロパティからサイズや加工パラメータ等を設定します。

無事認識しました。

Universal編

データを作ります。確認のため線属性1~8全乗せセット。無駄に向きを変えてみました。

プリンター設定開きます。

ここの[用紙]のところの設定は無視されます。なので

プロパティからサイズや加工パラメータ等を設定します。

プロパティ設定のとこ、ScreenShot取り忘れたけど普段と何も変わらないから何も問題ないね。

無事認識されました。良かったですね。

データ移動 と データ形式について

専用形式のJWW形式でデータを保存する必要があります。

DXFで書き出すと、レーザーカッター側で認識するのに必要な線の設定情報が抜けます。
つまり、開き直す度にすべての線にいちいち線属性を設定しなおす地獄へこんにちは。

JWWファイルをレーザー加工機のつながったPCに持っていって、Jw_cadで開いてそのまま印刷に進めば加工できます。

Fusion360 との関係について

Jw_cadのDXF対応はAC1009です。

Fusion360は スケッチ単体書き出し AC1014 / 全体書き出し : AC1027

つまり、、、Fusion360 → Jw_cad はお察し。

というか、AC1009以降のDXFファイルのあるフォルダにJw_cadでアクセスしに行くと、DXFのサムネイル生成しようとして失敗するのか、ソフトが落ちるのでヤバイ(ヤバイ)

彫刻は?

デキナイヨ

【ダウンロード】

利用条件 → 自己責任で利用すること。施設やスタッフのサポート対象外です。転んでも泣かない。

動作しなかったりデータが化けて形が変わったり等の問題が起きる可能性もあります。
特にスプライン回りで問題がありそうな気配を察知

※投稿されたファイルについて、当社は一切責任を負いません。
DMM.make利用規約に同意の上、自己の責任でダウンロードしてください。

※投稿されたファイルについて、当社は一切責任を負いません。
DMM.make利用規約に同意の上、自己の責任でダウンロードしてください。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について