第7回ソレコン 全作品の感想【前編】

第7回ソレコン 全作品の感想【前編】

ソレコン応募者のkabuです。(フィンガーテレポーター)
コンテストが終了したので改めて全応募作品をじっくりと見直しました。
前編と後編に分けて全37作品の感想を書きます。

第7回ソレコン 全作品の感想【後編】
https://media.dmm-make.com/item/4702/

タカハ機工株式会社 ソレコン概要
http://takaha.co.jp/co/solcon/

No.1 Network Stomper(ネットワーク・ストンパー) (ささきさん)

https://www.youtube.com/watch?v=49H0YfQRbXM&feature=youtu.be

足で操作するギターのエフェクターを手元で操作するための装置。
遠隔操作なのでエフェクターの前から離れることができる。
ソレノイドの力をテコで増幅してスイッチを押している。
バーに付いている引きバネと押しバネはOFFの時にバーの角度を固定するための工夫かもしれない。
ソレノイドとバーの間に隙間があった方がより力強くスイッチを押せるのだろう。

No.2 バックオーライ (仁科正孝さん)

https://www.youtube.com/watch?v=8qP7Fp_dkaA&feature=youtu.be

車のバックカメラの角度を切り替える装置。
バック用のカメラの角度を走行時に変えることで遠方を見ることができる。
必要な角度は2つなのでソレノイドに適していると思う。
車のバック操作と切換が連動する点がすごい。

No.3 目覚ましオラオラ拳 (谷洋 恒藤悟史さん)

https://www.youtube.com/watch?v=U0YIxtt7Eto&feature=youtu.be

棒で人間を突いて起こす目覚まし時計。
ロングストロークソレノイドは強力なので絶対に起きる。
リアルタイムクロックモジュールを使っているので時刻も正確。
初見の人は何の装置なのか全くわからないだろう。
見たことがない装置で良い。

No.4 SolenoidPaper (田中 優斗さん)

https://www.youtube.com/watch?v=oburzZEghUA&feature=youtu.be

紙工作をソレノイドで動かす作品。
1枚の紙を切って折るだけで完成する点にこだわりを感じる。
バッテリーとソレノイドをかなり小さくユニット化している。

No.5 おーともぐちゅん (ねこまめさん)

https://www.youtube.com/watch?v=OhUYgtlP1KU&feature=youtu.be

小鳥にエサを与える装置。
実際に使っているところを見たい。
遠隔操作もできるので楽しそうだ。

No.6 ダイスデスクから落ちないくん (なっすさん)

https://www.youtube.com/watch?v=2X2rrqzB-xE

ダイスを机から落とさないための装置。
ソレノイド無しの状態でも発明だと思う。
しかしダイスのダイブは見ていて気持ちが良いのでやはりソレノイドは必要。

No.7 おばあちゃん注射した? (匿名さん)

https://www.youtube.com/watch?v=UcYPhY8t7k8&feature=youtu.be

確実な動作が要求される医療系の作品。
そのためかしっかりと配線されている。
軽い注射針の重さでスイッチを動作させることは難しかったと思う。

NO.8 たこ焼き回すくん (ひらりんさん)

https://www.youtube.com/watch?v=OxGJdMJ8b0I&feature=youtu.be

これを見たソレコン勢はこれをどうやって実現させるかを考えたはず。
そしてこれはだいぶ難しそうだ。
課題を提起したまさかの夢オチ作品。

No.9 やけにセキュリティが強い引き出し (kiiroinyaさん)

https://www.youtube.com/watch?v=9JU4BiEPDr4

工作がきれいで動作も確実。
壊れると開かなくなるので中もきれいに作っているはず。
開けるために手順が必要なのでセキュリティが強いことも間違いない。

No.10 コイン・トス・マシン (noguoさん)

https://www.youtube.com/watch?v=TjKta_YpkGg&feature=youtu.be

思った以上にコインが良く飛ぶ。
コイントスにはソレノイドが最適であることが証明された。

No.11 ソレノイド先生 (まふゆげ先生さん)

https://www.youtube.com/watch?v=sUMFbhZRc8o&feature=youtu.be

★いいね賞 受賞作品
ソレノイド探偵団の再現度が極めて高い。
漫画から正確に寸法を割り出して作ったと思う。
強度にこだわったそうだが前回り受け身をしたときに腕がもげないことが何度見ても不思議。
コマ送りで見たが地面に激突している(1:47)。

No.12 SOLEARM (仙台高専 末永・加賀谷研さん)

https://www.youtube.com/watch?v=zroiwZQXAM8&feature=youtu.be

何度も見ないと機構を理解できなかった。
ソレノイドとラチェットでロボットアームを作った人はいないだろうから世界初だ。

No.13 絶対に壊させないスマホケース (チームシンカイラボさん)

https://www.youtube.com/watch?v=v1x3LZMAQfI&feature=youtu.be

★技術賞 受賞作品
チームシンカイラボは5年連続応募の常連である。
第3回の「腕時計装着装置」はアイアンマンを想像させるような挑戦であり、第5回の「レンホー」はソレコンの枠を越えて歴史に残るはずの名作だ。

No.14 poco rit. (わかめすうぷさん)

https://www.youtube.com/watch?v=1jtjqTTE1n0&feature=youtu.be

★大賞 受賞作品
作品が必要とする動作にソレノイドが一番マッチしている点が良い。
駆動部品がソレノイドだけな点が良い。
ロングストロークに頼らないで普通のソレノイドを使った作品で良い。
ソレノイドがまる見えで良い。
類似するモノがこの世に無さそうで良い。
良い演奏という価値を生み出していて良い。
まさに主人公的な大賞作品。

そしてこれらの事を全て無視した作品ほどソレコンっぽいと言われるのもソレコンの面白さだ。

No.15 プッチンプリンを自動でプッチンするロボット (ゆずれもんさん)

https://www.youtube.com/watch?v=Gutgem_SqEY&feature=youtu.be

上段は強度が高いPET板、下段はプリンを美しく見せるためにアクリル板を使用。
この点だけでも情熱が伝わってくる。
冷蔵庫の中で動作させるためにバッテリー式にしたのだろうか。
バッテリー式にすると工作の難易度が上がる。
そして皿を置いた瞬間にプッチンされた。
この人はやりたかったことを完璧に実現したはずだ。

No.16 自動ペットボトル潰し機 (豊田高専 田中研究室さん)

https://www.youtube.com/watch?v=-6VCwmpoq2g&feature=youtu.be

本格的な装置だができることはペットボトルを1時間かけて潰すこと。
モーターが存在しない異世界の人が作ったような不思議な作品。
これはアート作品なのだろうか。
もしくは機構を学習するための作品か。

No.17 ぴんぽん! (まさくん(神奈川工科大学 小坂研究室)さん)

https://www.youtube.com/watch?v=12QKWIUOpe8&feature=youtu.be

ピンポン球発射装置。
コンパクトだから卓上の好きな場所に移動可能。
球が毎回同じように飛ぶ。
ソレノイドで毎回同じように球を押し込む動作が利いているのかもしれない。

No.18 ラジアル演奏器『ハコベル』 (電気エネルギー制御科!)

https://www.youtube.com/watch?v=W8SHzscR-cI&feature=youtu.be

これは発注したら一体いくらするのだろうか。
恐らく今年一番の高額作品。
全て光ると大変きれいだ。
ここまで仕上げたのに選曲がキラキラ星とチューリップ。
そのエンジニアらしさにニヤリとする。

No.19 トランプくばる君 (みつさん)

https://www.youtube.com/watch?v=HOE0hIXa-yg&feature=youtu.be

これはすごい。
簡単にはできなかったと想像する。
人間が配るスピードを超えることが課題だと思うがこの作者ならば既にアイデアがあると思う。
電子工作の定番になりそうな作品。

後編18作品へ続く!
https://media.dmm-make.com/item/4702/

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について