【3Dスキャナー Sense】使用体験レポート! - スキャン篇

【3Dスキャナー Sense】使用体験レポート! - スキャン篇

DMM make部
DMM make部 (ID277) 公認maker 2014/04/24
0

何かと注目を浴びている3Dプリンターのトップメーカーから発売された「3Dスキャナー Sense」!この商品の登場で立体物の3Dデータ化がより身近になりましたね。

今回はSense(センス)を実際に使ってみたので、体験レポートをお伝えしたいと思います。

今回スキャンしたモデルはこちら!!

こちらのヒツジのオブジェをスキャンしてみました。
横幅が1mほどあるなかなか大きめのモデルです。
ちなみにこのヒツジ、ナイロンで造形したモデルなんですよ。

さて、まずセンスを利用するにあたり「CUBIFY」のサイトにてユーザーアカウントを作成する必要があります。

http://cubify.com/

合わせて同サイトからセンス用ソフトウェアのダウンロードもします。
こちらのやり方についての詳細はまた今度レポートあげようと思いますが、下記ページでも紹介されていますので、それまではこちらを参考にしてみてください。

http://www.iguazu-3d.jp/files/3614/3150/9762/SenseActivate.pdf

またFAQもありますのでこちらもご参考に!
http://www.iguazu-3d.jp/product/find_3dscanner/sense/

スキャン対象の選択

アカウントの作成、ソフトウェアのインストール、3Dスキャナのアクティベートが完了したら、いよいよスキャンしてみましょう!

最初のセンスの設定でスキャンする対象を選択します。

人物(Person)をスキャンする場合は、上半身だけあるいは全身のどちらかを選択できます。
物体(Object)をスキャンする場合は、その物体に適したサイズを選択してスキャンを開始します。サイズの目安は下記の通りです。

・Small object  :約41cm以下
・Medium object:約102cm以下
・Large object  :約204cm以下

いざスキャン!!

スキャンするモデルの設定ができたらスキャン開始です!
ツールバーの真ん中にある「▶」ボタンをクリックすると3秒のカウントダウンが始まりスキャンが開始されます。

【スキャンのコツと注意点】
・ スキャンするときはゆっくりと動かす。
・ 穴あきがないよう上からや下からも撮り補完していく。
・ 反射するものがあると認識しにくくなるので避ける。
・ スキャナーは空間を認識しているのでスキャンする対象物の周りにある程度位置情報となるもの(壁やモノ)があったほうがスキャンしやすい印象。

実際に使用してみて思ったのが上記の点です。
最初はなかなか苦戦します。。。やはり慣れが必要ですね。

動画でもコツを紹介されていますのでこちらも参照していただければよいかもです。

https://youtu.be/TDH-8JuI2Y8

モデルを360度スキャンしたものが下記のイメージ。

この時点では細かいゴミなどついてますが、この後の編集で取ったり出来ます。

次は編集に進みます。ツールバー右側にある「→」をクリックしてEditページにいきましょう。

Editページではツールバーにある3つの機能を使っておおまかな編集を行えます。
左から「切り抜きツール」、「消しゴムツール」、「穴埋めツール」となっています。

今回は穴埋めツールであるSolidifyを使用。

この機能を使うことでスキャン中に補完出来なかった穴や、スキャン出来なかったお腹の部分を自動的に穴あき部分がない状態に修正してくれます。これは助かる!!

ここまで問題がなければ、ツールバー右側にある「→」をクリックしてEnhanceページにいきましょう。

Enhanceページでも同じようにツールバーにある3つの機能を使って修正を行えます。
左から見栄えをよくする「Auto Enhanceツール」、不要な部分を削除する「Trimツール」、周りの色に補正してくれる「Touch Upツール」となっています。

【Auto Enhance】

アイコンをクリックするだけで自動的に見栄えをよくしてくれます。
ドス黒かったヒツジも鮮やかになってくれました!

↓これがこのように!

【Trim】

取り去りたい部分にカーソルをドラッグすると、その部分が消去されます。

↓このようにラインをひくと・・・

バッサリいっちゃいます!!

【Touch Up】

色の修正をしたいところを塗ると自動的に補正してくれます。

影のようになっていたところが直りましたね!

以上でスキャンデータの修正は完了です!!

最後に忘れないようにデータを保存しましょう。フロッピーディスクのアイコンクリックで接続されているPCにplyファイル形式で保存されます。

満足出来るスキャンデータが出来上がったら是非出力してみてくださいね!

▼3Dスキャナーセンスのレンタルはこちらから!!▼
http://www.dmm.com/rental/iroiro/-/detail/=/cid=nr_01861a/

2日間レンタル:1,980円〜!これは安いっ!!
でも2日間でマスターするのはなかなか難しと思うので、1週間は欲しいな。。。

違反について