レゴでヘンな装置つくってみた。(1)プラカラー攪拌機

レゴでヘンな装置つくってみた。(1)プラカラー攪拌機

Kohsuke's Lab.
Kohsuke's Lab. (ID599) 公認maker 2014/06/02
0

プラモデルに色を塗る時に使うプラカラーを混ぜてくれる機械をレゴで作ってみました。
「手でやれよw」とツッコミつつ、お読み頂ければ幸いです。

はじめに

はじめまして。Kohsuke's Lab. と申します。

レゴでバカバカしい装置を作っております。
「ニコニコ動画」や「YouTube」に動画を投稿しており、これまで20作品程動画を投稿しております。(2014年3月現在)
おかげさまでたくさんの方々に再生して頂いております。

レゴについて

皆さんは「レゴ」というと、どのようなモノをイメージされるでしょうか?
「子供の頃遊んだなぁ~」とおっしゃる方は、だいたい「立方体のブロック」をイメージされるのではないでしょうか?

私もそんなイメージでした。

ところが、最近のレゴは、ブロックだけではありません。
ギアやモーター、モーターを動かすバッテリーボックス、さらにはプログラミングをしてそれらを制御できる「マインドストーム」という商品もあるのです。

ギアやモーターを使って動きのある作品を作ることができます。

作品コンセプト

私の作品は、ギアやモーターを使った動きのある作品です。

それも、ちょっとバカバカしくて、「意味ないだろ!」とか「誰得!?」といったツッコミの入るような作品です。でも、技術的にはちょっとだけ凝っている、そんな作品を目指しています。

こんな作品を私は『無駄装置』と呼んでいます。

『プラカラー攪拌機』

今回は、Kohsuke's Lab.の無駄装置シリーズの第一作『プラカラー攪拌機』をご紹介します。

動画: http://www.nicovideo.jp/watch/sm5049177
(2008年9月投稿)

当時、ガンプラにハマってまして、「何とかプラカラーをお手軽に攪拌できないものか」と考えていました。
ちょうど、健康診断か何かで採血した時に、採血したサンプルをクルクル回転させる装置(ローリングミキサーって言うんですね)を見て、
「コレ、レゴで作れるんじゃね?」と思い作った作品です。

構造はきわめてシンプルです。
モーターとギア、そして車のタイヤを使っています。

それっぽい回転速度にする為に、いくつかギアを組み合わせています。

プラカラーのビンが、ちょうどタイヤの上でクルクル回転するように、タイヤの間隔などを試行錯誤しながら作りました。
簡単に組み立て・分解(トライ&エラー)ができるのが、レゴのいいところだと思います。

この時点で「手でやった方が早いじゃん(^^;」と自己ツッコミしてたのですが、何となく動きが可愛らしいくて、「もっとデコレーションしてみたら・・・」と無駄なデコレーションが始まりました。

まず、より装置っぽくする為にチカチカ光る警告灯を設置。

これで、無駄にメカっぽくなりました!

さらに、「装置を動かしてる人(オペレーター)」を乗せてみました。
装置を操作しているようなコントロールパネルも配置。

おー、何か無駄にカワイイ!

もう、この段階で「実用足りうるか」はどうでもよくて、単にオモシロ装置になってしまいました。
しかし、このオペレーターの登場で、その後の作品の方向性が決まったような気がします。

この装置、ガンプラ熱が冷めるまでは実際に使用してました。

作品完成その後

作品が完成すると人に見せたくなりますよね。

友人のアドバイスで「YouTube」と「ニコニコ動画」にアップしてみたところ、案の定、「無駄w」「手でやれよ」とかのツッコミが入る一方で、「かわいい!」「いや、意外と使えるかも」「ちょっとレゴ買ってくる」などのコメントも。

このたくさんのコメントが、「また何か作ってみよう!」と思うキッカケとなりました。

参考にしてくれた記事

記事が登録されていません。
この記事を参考にして、新しく記事を投稿しよう!

違反について