Team HrepTech

Team HrepTech (ID4261)

お気に入り/リスト登録数:0

記事閲覧総数:1695

2020年のCybathlonを目指して電動車椅子を開発しているTeam HrepTechです。 Homepage: www.hreptech.com コンセプトとして「モジュール化(組み換え可能)」を目指します。 現在の電動車椅子は完成した状態の製品を買うしかなく不便や不自由を強いられています。 私たちはこの「モジュール」を開発段階で販売し、できるだけ早く現在の状況を改善することを目指しま...

2020年のCybathlonを目指して電動車椅子を開発しているTeam HrepTechです。
Homepage: www.hreptech.com

コンセプトとして「モジュール化(組み換え可能)」を目指します。
現在の電動車椅子は完成した状態の製品を買うしかなく不便や不自由を強いられています。
私たちはこの「モジュール」を開発段階で販売し、できるだけ早く現在の状況を改善することを目指します。

モジュール案

・地形マップモジュール:
センサを用いて地形を計測したデータをスマートフォンを通してインターネットにアップし、マップに整理。車椅子のみならず高齢者用手押し車やベビーカーへの搭載も想定しています。

・階段移動モジュール:
高トルクの駆動機構を搭載することにより、階段のみならず段差や溝の突破も容易に。鉄道にも自分のみで乗れるように。
また、モーターなど主要部品の交換を容易にすることにより、車椅子修理の待ち時間を改善。

・自由に選べるインターフェイス:
今までの「ジョイスティックのみ」であった操作方法をもっと選べるようにし、それぞれにあった操縦方法を提案。


このアカウントでは製作の進捗だけでなく、EagleやFusion360に関するTipsをアップしていく予定です。

メンバー
・楠田 亘 16歳
 TeamHrepTech メカニック・3Dモデリング 
 香川テックコネクション株式会社代表取締役予定
 about:
 RobocupJuniorでTeamSanukiUDON!として2010~2017まで活動。最高で全国6位。
 2016年にAutodeskFusion360Meetup vol.05,06で登壇。
 現在はCybathlonの他に香川県初となるFabスペースの開設に向け奔走中。


・藤川 千尋
 TeamHrepTech パイロット
 about: 1999年、アメリカ製の電動車椅子に出会いかっこよさに一目ぼれ。即ユーザーに。
 電動車椅子を操縦するテクニカル技術を競い合う大会があればいいなぁと長年思っていたところ、cybathlon開催を知り、パイロットを自ら志望。
 2015年、3Dプリンタに出会い3DCADを独学で勉強し始めるもなかなか進まず、2016.11meetup大阪でFusion360使いさんとたくさん出会い、独学再会。
 他のメンバーを追いかける形で、モデリング修行中。

これからいろいろな活動をしてまいりますがどうぞご支援のほど宜しくお願いいたします。